LODEC Japan > ブログ > ブログ > 東京の街に〜出てきました〜♪突撃花金熱気の東京飲み会!編

東京の街に〜出てきました〜♪突撃花金熱気の東京飲み会!編

2015.03.20

私が東京に出向くと毎回恒例で開催するノープランなお吞み会。
今回も開催させていただきましたよ、花金熱気の東京で。

※この記事は2015年3月6日(金)の出来事を記載しております

花金ジャックvol.2
日本国首都東京大都会。
遠いようで意外と近い日本の中心へまたまた行って参りました。
今回の要件は、地域おこし全国サミットとか、地域おこし全国裏サミットとか、シェアハウスのイベントとか、metoneの建材のショールーム周りとか。
まぁ色々と利己的にそうだよ、‘仕事’だよ!!と精神的にかこつけて伺って次第です。笑

私は長野県に移住してからこのかた「吞みに行く」ということをほとんどとしておりません。
田舎は不便だ〜なんてことをよくきいたりなんかするんですが、実際にはそんなに不便さを私は感じたりはしておりません。
スーパーやコンビニまでを車で行くのはなかなか大変だし、映画館やレンタルビデオがないことは結構痛い!!
ただ、日常を車で好きなところに移動できてしまうことは、都会の方が思っているよりも快適な訳なのです。
結局は住めば都。都会も田舎も、実際は住んでみればそれ相応に善し悪しを感じ、同時にその環境に適応していくということなのです。

でーすーがー!!
これだけはどうしても解決できない!!
そう、それは「吞みに行く」ということ。

行くって場合なにでいく?車でしょっ。
そうなんです、吞みに行くところも車でしかたどり着けないのです。
(metoneは駅前の為歩いて吞みに行けまくりですが!!)
なので、白馬の素敵なBarになんか行った日なんかは、カウンターでマスターに「コーラで。」と、いつもより低めの声でオーダーする次第です。「あ、吞んでる気分になりたいんで、ライムを一欠お願いします。。」って。笑

そう、ここは日本国首都東京大都会。
コンクリートジャングルに張り巡らされた交通網は地上から地下から水上から。
全然わからないバスなんて利用してしまえばそれこそどこにだって公共機関でいけてしまうんでしょ?!!
そこら辺、私にはよくわかりませんが。
とにかく東京という場所は「吞める!!」ということなんですよ。

th_花金東京飲み会_ニュー茅場1
今回も多彩な顔ぶれが私のそんな「吞みたい!!」という欲求を満たす為に集まってくださいました。
宿のゲストさんから白馬で出逢った友人、8年振りの大学の先輩に、つい先日まで白馬で一緒だった籠もりの子まで。
お久しぶりも初めましてもこうやって「乾杯!!」としてしまうとすぐにもうお知り合いとなる訳ですよ♪

th_花金東京飲み会_ニュー茅場8
今回チョイスしたお店は謎の集団チーム栗毛推奨店「ニュー茅場」
千円でベロベロになれる千ベロなるお店だそうで、食べログからも伝わる昭和感漂う立ち吞み店は私の好物とするところです。

th_花金東京飲み会_ニュー茅場4
このニュー茅場でとても興奮したのがこれ。お酒の自動販売機??
100円を入れてボタンを押すと一定量のお酒が出てくるのです。

th_花金東京飲み会_ニュー茅場5

この自動販売機は焼酎と日本で数種類取り揃えられており、イモ焼酎好きな私は本当に1000円でベロベロとなりました。

th_花金東京飲み会_ニュー茅場7

栗毛メンバーの一人、なごみちゃんことじゃがまること吉田さん?だっけ?笑
今回の記事の写真は全て栗毛のかずきた氏のものです。
「栗毛ってなに??」という質問はどうぞご遠慮ください。
私もかれこれ2年ちょっとの付き合いになりますが全くわからない集団です。笑

th_花金東京飲み会_ニュー茅場3
th_花金東京飲み会_ニュー茅場2

自分記事で自分が写っているという不思議。
うまい酒と楽しい話を今回もさせていただきました。
ニュー茅場の花金の賑わいは熱気むんむんでありました。そう、これでこそ花金!!

th_花金東京飲み会_集合写真

ニュー茅場の前で栗毛のポーズを決めての集合写真。
ここから新橋に移動です。

th_花金東京飲み会_新橋2th_花金東京飲み会_新橋1

茅場町のニュー茅場から前回花金ナイトを開催した新橋のニュー加賀屋へとはしごしたのですが、新橋で10数名が入れるお店はほとんどなく。
私たちを迎えてくれたのはこの新橋駅前の巨大なビルのような居酒屋でした。

th_花金東京飲み会_新橋3 th_花金東京飲み会_新橋4

二次会がスタートしなんやかんやを夜は更けていきました。
沼さんが持つのは栗毛名刺、栗毛、只今拡大中でございます。笑

東京の街へ〜でてぇきました〜♪
いやはや、花金を東京で満喫させていただきました。
また急遽開催いたしますので、その際はどうぞお付き合いくださいませませ^^

たつみ

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム