LODEC Japan > ブログ > ブログ > クラウドファンディングとは&Makuakeの支払方法について

クラウドファンディングとは&Makuakeの支払方法について

2015.03.22

どうもLODECの影キャラ坂本です。
今回はLODEC Japanが現在行っているクラウドファンディングについて雑に説明させていただきます。

この記事を執筆時点(2015/3/22)では、我々LODECもクラウドファンディングを絶賛実施中!です。
クラウドファンディングを2015年2月4日 AM11:00に開始し、
現在、45名の皆様に481,000円のご支援をいただいております!!!

この記事は、

クラウドファンディング気になってるけどよくわからん
支払方法がよくわからん
手数料取れらるのが気に食わん

などなど思っておられる方はこの記事を読んでいただけたら幸い!

そもそもクラウドファンディングっていうのがよくわからん!

クラウドファンディングを簡単に言うと、でっかいことをするためにたくさんの人から少しずつお金をわけてもらう仕組みです。元気玉です。
そしてクラウドファンディングを乱暴に言うと、貧乏人がやりたいことをやるために趣旨に賛同してくれる人たちからの資金の前借りです。物乞いです。
社会に役立つかもしれない思いを行動に変える逆転の元気玉です。意識高い系ネット乞食です。それがクラウドファンディングだ!!

クラウドファンディング(英語:Crowdfunding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。
クラウドファンディングは資金提供者に対するリターン(見返り)の形態によって大別される。金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」がある。日本においては資金決済に関する法律等によって個人間の送金や投資が制限されていることから、購入型のクラウドファンディングの企業数が最も多く認知度が高い。
出典:Wikipedia

クラウドは雲のCloudじゃなくて群衆のCrowdだったんですね。ずっとネット用語の方のクラウドかと思っておりました。
寄付型、投資型、購入型とあるクラウドファンディングですが、LODECが現在行っているものは購入型のタイプです。《リターン》という名の【商品】を【購入】することで《支援》につながります。

例えば「映画を作りたい」というクラウドファンディングの実施者は、これから作る映画の製作資金をクラウドファンディングで集い、
これから完成した映画のチケットやDVDなどをリターンとして用意するということが考えられます。

例えば「ぜったいに雨に濡れない新しい価値観の傘。傘の再発明がしたい」とう実施者は、これから発明する「雨に濡れない傘に変わる新しい何か」をリターンとして用意することが考えられます。
リターンを購入する側にとっても、今までにない新しいものをいち早く手に入れることができるという実用的なメリットに加え、新しい傘ってなんだよ!おもしろそう!本気か?見ものしてみようじゃないか。と、実施者の紆余曲折そのものをコンテンツとして楽しむことができます。それはやはり「自分が払ったお金」でその人が活動しているとうことで自分ごとになるのです。

いろいろなケースがあるとは思いますが、ざっくり言うと
クラウドファンディング実施者の趣旨に賛同した人が、用意されたリターンを応援の気持ちも込めて購入し、実施者はその売り上げを元手にプロジェクトの趣旨を達成するためにがんばる!というものです。

で、LODECは何をクラウドファンディングでやりたいの?

代表たつみによるクラウドファンディングの詳細&趣旨説明はこちら→北アルプス山麓から始めるシェアハウス&移住相談サロン!

田舎で楽しく生きていきたい。
田舎に住むという選択肢を作りたい。
田舎を楽しくすることで楽しく生きていきたい。
田舎に住むという選択をした人ともっと楽しい田舎にしていきたい。

LODECはこれまで通り、
長野県北アルプス山麓地域にて
いきつけの田舎、帰ってこれるあなた田舎として
宿の運営を続けるとともに、

いきつけの田舎から自分の田舎にしたい
住んでみたい
という思いに応えられるシェアハウスとコミュニティスペースの複合施設をつくります。

シェア&コミュニティスペースmetone(芽と根)

種から芽へ、根を張り、大きな木へ。
何年後になるかはわかりません。
でも多くの人に支えられ、きっと木は育つでしょう。
私たちはこの北アルプス山麓地域で木を育てようとしています。
森にしたいんです。そんな日本の未来を想像しています。

LODECは地道です、すごく地道ですし、ぜんぜんお金はありません。
最初の宿梢乃雪をはじめてからもう4年です。
じっくりと活動しています。
LODECはクラウドファンディング後もそんな風に活動していきます。
でもおもしろいこと大好きです。ふふふふふ。

『Makuake』とは

クラウドファンディングは、やりたい人が自分たちだけでできるものではありません。
クラウドファンディングを行うためには、情報の露出経路に、決済システム、商品売買に関わるなんやかんやが必要です。
どうするのかというと、企業が用意しているクラウドファンディングサービスを利用します。
iPhone使いたい!docomo au softbankどれにしよう!っていう感じです。

日本で主なクラウドファンディングのサービスは3種類。

Makuake(マクアケ)
READYFOR?(レディーフォー)
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

(クラウドファンディングについて興味がある方はこちらの記事が面白いです→スタートアップはサイバーエージェントをなめてはいけない
ちなみに写真左側の女性がLODECも担当してくださいました。美人。)

縁あって我々LODECはMakuakeさんにてクラウドファンディングを行っています。
MakuakeはAmebaなどで有名なサイバーエージェントが運営しています。

Makuake手数料20%問題とクラウドファンディング成功という価値

クラウドファンディングサービスの利用はただではありません。
初期費用はかかりませんが、Makuakeでは集めた合計金額の20%が手数料として差し引かれてしまうのです。
それはMakuakeに限らず他のクラウドファンディングも同程度のパーセンテージのようです。
(じゃらんや楽天トラべルも同じような仕組みですね。予約金額の10%程度が手数料です。)

20%という額は大きいように感じますが、
決済システムを含めたクラウドファンディング全体の仕組みの利用料はもちろん
敏腕担当者さんが親身になって提案をしてくれますし(コンサル料)
Makuakeという大きな媒体に自分たちの名前が出る、思いがこもった文章を掲載できる(宣伝費)という要素を考えたら、
20%という手数料はそんなに高いわけではないと思います。

私たちのことを応援してくださる方の中には、Makuakeに20%とられるのが引っかかっている方もいるのではないかと思います。
我々を応援してくださる気持ちとともにMakuakeもちょっとだけ応援していただけたらと思います。クラウドファンディングという仕組みはもっと有効に活用されていったら楽しいことがたくさん増えるんじゃないかなと思ってます。

そしてそして、
クラウドファンディング成功!!
という実績を引っさげてLODEC Japanは2015年4月にLODEC Japan合同会社となりたいのです。
(みっちーも結婚することですし景気のいい感じで会社設立したい!)

田舎には需要がある!という証明にもなります。
クラウドファンディング成功ということで、メディアへの露出にもつながります。
資金集めという側面が大きいことは確かですが、それと同等に宣伝、実績に価値があると考えています。

Makuakeによる目標金額100万円というリターンの“売り上げ”を元手に、LODECはスタートします!

クラウドファンディング失敗ってとてもしょんぼりする。しょんぼり

Makuakeリターン購入方法「実際にやってみた!」

スマートフォンの操作画面を例に順に追っていきます。PCでも基本同じです。

まずこちらへアクセス→LODEC JapanのMakuakeクラウドファンディングのページ

IMG_1929
こちらがLODECのページです。ここにプロジェクトの趣旨やリターンのことが書かれています。

IMG_1933
支援するリターンのコースを選択します。(ごめんなさい品切れのものもあります)


IMG_1934
今回はLODEC共通チケットを購入してみようと思います(さくら)
《このコースに申し込む》という水色のボタンをクリック!


IMG_1936
次に支払方法の選択画面が出てきます。
支払方法はクレジットカードコンビニ払い銀行振込ネットバンク振込が選べます。
今回はコンビニ払いにしてみます。そのほかの支払方法についてはこちらをご覧ください。
《コンビニ払い》の左にある丸ぽっちをクリックし、
《次へ》水色のボタンをクリック!

IMG_1937
すると、ログインしてくださいという画面が出てきます。すでにアカウントを持っている方はログインしてください。
《新規登録》ピンク色のボタンをクリック!

IMG_1939
SNSアカウントで登録することもできます。ワンクリックで済むのでとても簡単です。(それぞれのSNSにログインする必要があります。)
必要事項を埋めてください。ユーザーネームは英数字しか使えないので注意。
《アカウントを作成する》水色のボタンをクリック!

IMG_1941
次にお届け先住所を記入します。郵便番号はハイフンなしです。
《確認する》水色のボタンをクリック!

IMG_1943
間違いがなければ
《申込を確定する》水色のボタンをクリック!

IMG_1944
ありがとうございます!購入申し込みが完了しました!!(自分だけど)

なにやらメールが届いているようです。
メールを確認してみます。
IMG_1945
こんなメールが届いていました。
お支払い受付番号をメモしておいてください。
それでは支払方法にしたがってコンビニまでいって支払ってこようと思いまーす!
※どういうわけか、セブンイレブンでは支払ができません!!

さて、大町市の木崎湖近くのローソンへ!
LODECにがっつり協力してくれているDIY番長しんごさんが8000円の大町りんご堪能コースを購入してくれていたのでいっしょにいってきます!!ありがとうしんごさん。
IMG_1975

IMG_1946
まずは申し込みするための端末「ロッピー」を探します。紛らわしい奴がATMとかコピー機ですその辺にある赤いやつです。
ファミマの場合は「Famiポート」、サークルKは「カルワザステーション」、ミニストップも「ロッピー」です。
※どういうわけか、セブンイレブンでは支払ができません!!

IMG_1950
最初の画面はこの画面です。画面が暗かったら画面に触れてみてください。
右側の《各種番号をお持ちの方》をタッチ

IMG_1952
番号入力画面が出てきます。
ここに、申し込み完了後に届いたメールに記載されているお支払い受付番号を入力します。
IMG_1953

IMG_1958
《次へ》をタッチ

IMG_1960
すると余計なお節介っぽい注意喚起画面がいくつかでてくるので読まずにちゃっちゃと
《閉じる》をタッチしてください。

IMG_1961
申し込み時に入力した電話番号をハイフンなしで入力。
右下の《次へ》をタッチ

しんごさんロッピー
内容の確認画面が出てきます。
《承諾する》をタッチ

IMG_1967
IMG_1968
IMG_1969
IMG_1970
ロッピーの下からレシートのような紙が吐き出されます。
それを持ってレジへ!!

IMG_1971
ポンタカードも忘れずに!(元ローソン店員です。来店ポイントは1ポイント付きます。訂正:来店ポイントは2014年8月に廃止されたそうです。)

IMG_1976
しんごさん、ありがとうございます!!

そして、坂本払い忘れて帰ってきてしまった。期限内に支払われないとキャンセルになっちゃうから忘れないようにしないと

まとめ

LODECをよろしくおねがいします。

LODECが始めることは。
日本中の田舎や地方で取り組まれようとしていることとなにも変わりません。
田舎や地方の地域を愛する人々と同じく
「地域を子どもの声がきこえるような元気な場所したい。」
「いまよりももっともっと楽しい地域にしたい。」
これだけです。

特別なことではないのです。
ただ、実現するにはとってもとっても難しいことなのです。
私たちは、できることを一つ一つをカタチにしていきます。
地道に泥臭く、ゆっくりと。
それでいて、未だカタチとなっていない「前例」を創り上げていきたい。
そう熱く、それらを生業としていきます。

ご支援、ご協力、ご参加いただける方は是非是非お力添え願います。
ー代表たつみのメッセージより

クラウドファンディングは3/30 18:00まで!!
LODEC JapanのMakuakeのページはこちら

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム