小谷村山村留学の始まりの話。地域のこれからの話。

山村留学OB生

ここは長野県最西北小谷村-OTARI-村。
私はこの北アルプス山麓のスノーリゾート地で日本が誇るど田舎、小谷村を根城に’地域と人を繋ぐことを生業とする’LODEC Japan合同会社名ばかり代表のたつみです。
今日は私が小谷村に2009年に移住をするきっかけとなった’山村留学’のお話を。

*この記事は2014年12月21日(日)の出来事を記載しております*

 

我が家で囲炉裏を囲んでいるのは、山村留学が始まるときを知る二人。

いまから40年も前から小谷村を知っている方々です。
その当時からのあだ名は「セイロガン」、「ボウフラ」と言うそうです。笑

山村留学とは、その名のとおり都会の子ども達が田舎に留学すること。
1976年に長野県大町市八坂(旧八坂)で開始され、日本全国で行われていた事業です。
留学生となる子ども達は(小学生〜中学生)親元を離れ、留学生・指導員と共同生活をし、地元の小学校に通いました。
小谷村では創設者寺脇氏(通称カバゴン)が1985年に、ぼくが現在棲む小谷村中谷地域で山村留学を開始したのです。

 

山留センター

山村留学センターから中土小学校へ。 片道4キロ1時間の道のりを歩いて登校する。

2006年に小谷村の三校が統合し、中土小学校が閉校となり。
21年間約450人の留学生をこの小谷の地に受け入れ、さまざまなご縁を結んだ山村留学は休止となりました。

山村留学センター外観

小谷村中谷地域旧真木分校。 山村留学センター(宿舎)となった山村留学生の思い出深い家。

中土小中学外観

廃校となり取り壊された旧中土小学校。

今回我が家に訪れていただいたお二方、セイロガンさんとボウフラさんは。
創設者カバゴンの元で、カバゴンの活動を当時からお手伝いしていたお二人。
いまから約40年前、山村留学の前身となるキャンプ(年に数回山村留学センターで1週間ほどを過ごす林間学校のようなもの)の参加者(のちにスタッフとなった)だったのだとか。

ぼくは山村留学12期生(1996年)で、山村留学のちょうど半ばに小谷にきたので。
それまでの過去のことは全て初耳のことばかりでした。
カバゴンは東京の音大卒業後宝塚でミュージックスクールを開業。
その後その生徒を小谷に連れてキャンプを開始。(セイロガンさん、ボウフラさんはここからカバゴンと活動を共に。)
山村留学を小谷村で開始。

この様な経緯があったようです。
ぼくが知るカバゴンは一線を退く頃の姿であったので、ぼくが知らない彼の姿を知ることができたこと。
山村留学始まりの話には驚きがたくさんありました。

こうやって囲炉裏を囲み語り合うことができること。
ぼくが小谷村に移住したこと。
そして、棲家となった我が家が宿となり、小谷を知らない人々が我が家に訪れてくれること。
始まりは、全て創設者のカバゴンが創り出してくれたことなんだな。
「あー。かっこいい人だったな。カバゴン。」と。
ぼくを小谷と、多くの人々を繋いでくれた亡き恩人に。
改めて感謝し敬意をこめる夜でありました。

山村留学の創設、継続には多額の資金と労力がかかったようです。
村との関係性の構築も並大抵のことではなかったはず。
山村留学を個人事業で開始し、村の小学校に留学生の受け入れてもらい、村との関係を築き。
21年間450名の山村留学生を受け入れ続けた。

カバゴンが亡くなり、小学校が無くなり、山村留学が無くなった。
ぼくは当時高校生で、どんどん遠ざかっていく小谷村に哀しさばかりを構築させました。
カバゴンは山村留学OB生がいつでも小谷に来て寝泊まりできるように「ちゃんめろ邸」という家を用意してくれていました。
ぼくも小谷を離れてから何度もその家にカバゴンを尋ねたのです。

カバゴン亡き後遠ざかる我がふるさと。
「ここでこうやって繋がれたことは、カバゴンに導かれたのかもしれない。」
囲炉裏を囲み、そんな話となりました。
2009年に父から小谷村移住の話をされたときに、ぼくも小谷に棲もう!と決意させたのは。
カバゴンの導きなのかもしれない!なんて、都合良く考えております。

「田舎には帰る家がある。」
移住後、我が家を宿とするときに打ち出したコンセプトは。
このちゃんめろ邸と我が家を重ねたものでした。
【梢乃雪】と命名するまでは仮称で【ちゃんめろ邸二号館】などとうたった時期もあります。

「一度、梢乃雪に遊びに行きます!!」
そうメールをセイロガンさんからいただいた1週間後に、長野県神城断層地震がおこりました。
山村留学生のふるさとでありぼくの棲家は、被災の中心にありました。
我が家から北の家々はの多くは、大規模な修復をしなければ住むことができなくなりました。
山村留学センターも、同様です。
地震から2週間で雪が降り、我が家から北の方々のほとんどは現在この谷にはほとんど住まれておりません。
親族や村が用意した住宅等で避難生活を続けておられます。

雪が溶けたあと、中谷はどうなるだろう。
我が家の宿営中止を考えたこともありました。
移住後少しずつ積み上げたものが、たかだか30秒の揺れで吹き飛ばされた気がしました。

それでも。
我が家はこの谷の宿機能を失ってはならない。
そう考えるようになりました。
こうやって小谷に、中谷に帰ってくる人達がいるのだから。

地震後。
山村留学生の輪がゆっくりと広がりをみせています。
谷の人口よりも多い山村留学生。
いまはなにができるのかわからない。
でも、この輪が小谷に、中谷にもたらす未来に期待をしております。
そしてぼくは。
自分自身ができること、をこれからもゆっくりと続けていきます。

山村留学の帰って来ることのできる家であり続ける。
カバゴンの意思を頼まれてもいないけど、勝手に継がせていただきます。笑

一人の男が30年も前におこした行動が。
こうやって人の繋がりを創り、繋げている。
すごいことだなー。

「ご縁の始まりは山村留学。」そんな風に。
「ご縁の始まりは、梢乃雪」なんて言われる場所になりたいものです。

それでは、皆さま。
小谷村で逢いましょう!!

つづく

あわせて読みたい>>

TBS朝の情報番組いっぷく!と再会する小谷村山村留学OB生

 

*古民家ゲストハウス梢乃雪*

梢乃雪ロゴ

長野県最西北小谷村-OTARI-築150年の古民家ゲストハウス。
「なにもない、が、ここにある。。」
そんな見渡す限りの大自然の中の宿。
一泊4,650円税込み(2食分の食材費込み)

電話:080-8019-44781(宿用)
住所:長野県北安曇郡小谷村中土12965-1
mail :kozuenoyuki@kominkasaisei.net
HP : 梢乃雪公式WEB http://kominkasaisei.net/

たつみかずき

たつみかずき

LODEC Japan CEO / 長野県小谷村-OTARI-人口3000人のど田舎に関西より2009年に移住。
小谷村元山村留学生。小谷村役場職員として就村するも「一村民としてできること」を模索し退職。
2011年小谷村の自宅にて築150年の古民家を宿とした「古民家ゲストハウス梢乃雪」、大町市中綱集落にて2014年より2号館「ゲストハウスカナメ」を開業。
「これからは田舎が熱い!!」日本全国の田舎好きと田舎を繋ぐ人となるべく。毎日遊ぶ様に働く日々を過ごしている。

関連記事

  1. th_縁側で朝食を⑤ 【ニノさん】で縁側フェチ子の縁側ちゃんが梢乃雪の縁側を紹介してく…
  2. 鹿島槍食事券とリフト券のセット 鹿島槍スキー場【食事券】と【リフト券】はセットがお得!!レンタル…
  3. 長野県のフリーペーパー紹介 長野県の思わず欲しくなるフリーペーパーを紹介します! その1
  4. ブックキャンプボランティア募集ブログカバー 【スタッフ募集】ALPS BOOK CAMP in 木崎湖キャン…
  5. オルタナSカバー 【LODECの自己紹介_2015年12月2日現在】ろでっく??っ…
  6. 自然に近いところで自然な生活をしたくて大町移住を決意しました 自然に近いところで自然な生活をしたくて大町移住を決意しました
  7. ナフコ大町店 ホームセンターナフコがフレスポ大町にできたよ。DIYもはかどるね…
  8. th_IMG_1535 長野市・松本市から大町市へ。簗場駅近くのゲストハウスカナメまでの…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • 五月女 淳
    • 2014年 12月 23日

    こんにちは、はじめまして。
    ボウフラ、セイロガン、とはキャンパー仲間の「さおちゃん」と申します(笑)。
    真木分校のキャンパー第一期生、昭和48年夏から参加しました。
    その時、僕は小学校6年生でした。
    真木分校の思い出は、正に僕の青春そのものです。

    梢乃雪さんのFacebook、いつも拝見させて頂いております。
    カバゴンの思いが脈々と受け継がれ、その輪が広がって行くのを嬉しく思います。
    このたびの地震では、大変なご苦労もあったかと存じますが、
    前向きに進まれているお姿を拝見し、陰ながら応援させて頂いております。

    何が出来る訳でもなく、何が出来るかも分からない、力不足な身ではありますが、
    近いうちに、きっとお尋ねしたいと思っております。
    楽しみに致しております。

    これからが冬本番、ますます大変な時期かと存じますが、
    あまり無理をなされぬよう...

    コメント欄を私的に利用し、また、お会いしたこともないのに、誠に申し訳ありません。
    どうしても書かずにはいられない気持ちに駆られまして、何卒ご容赦下さい。

    • たつみかずき
      • たつみかずき
      • 2014年 12月 25日

      さおちゃん
      コメントありがとうございます!!
      40年程前の小谷の姿、ぼくも一度みてみたいものです。
      いま現在の現役の先頭に立つじいちゃん達の若かりし頃の小谷。
      どんな景色だったんだろう。
      そして、カバゴンの若かりし頃。
      素敵な青春をお過ごしになられたのですね!

      カバゴンの大きさ、いまになって特に感じる様になりました。
      凄い人だったなーと。
      いまカバゴンがいたら、いったいどんな行動をしていたのだろう。
      そんなことを考える次第です。
      できること、少しずつですがやっていこうと思います。

      出来ること、ぼくもわかりませんが。
      皆さんには是非とも小谷に足を運んでいただければ幸いです。
      いまの小谷村のこと。
      これからの小谷村のこと。
      少しずつ一人一人が考えていけば、きっと少しだけいまよりも楽しいことがおこると思うんです。

      是非とも小谷村でお逢いできればと思います。
      今後ともよろしくお願いしますね。

      たつみ

    • ボウフラ
    • 2014年 12月 23日

    セイロガンに誘われておじゃましましたボウフラです。

    私自身は山村留学には全くかかわっていませんでしたし、キャンプのカウンセラー(スタッフ)としても比較的ゆるーい存在(ボウフラたるゆえんか)ではありました。

    今回久しぶりに小谷にうかがったのはセイロガンの熱い思いに感化され、何ができるわけでもないが行くだけ行ってみようという思いからでした。新宿発の夜行バスで白馬に降り立ちました。意外に地震の影響を感じさせるものは無く、しかし12月としては記録的な(?)積雪のなかセイロガンに迎えに来てもらって梢乃雪へ。朝食をいただいた後、記憶に残る小谷のあちこちをまわりました。新しくなっているところ、昔の痕跡が残るところ、そして真木集落の家々。複雑な思いを胸に、夕食後に熱く語るセイロガンとたつみさんの会話をききながら、まったりしているのが最初の写真ですね。今回、山村留学の初期のメンバーにもお会いでき、やっぱり行ってよかったという思いでいます。40年前いやいやながら参加したスキーキャンプでしたが、さおちゃんたちに会え、郷愁にかられた小谷。
    カバゴンが引き寄せた人々のつながり。ほんと、陰ながらですが応援させていただきたく。東京より。 改行ができないのでそのまま送信します。

    • セイロガン
    • 2014年 12月 24日

    ボウフラとともに梢乃雪にお邪魔したセイロガンです。辰巳さんの紹介にもあった山村留学は、カバゴンが宝塚を拠点に始めた宝塚アウティングクラブ(もとはカバゴンが運営していた売布ミュージックスクール&ナースリースクールなどの児童教育活動)の延長で始まったものでした。私も山村留学の1期生の子供たちの指導員としてお手伝いさせてもらいました。その時のリーダーは兵庫県で小学校の先生をされています。山村留学の前の20年間のキャンプ活動で、関わったカウンセラー(大学生)は200人以上
    、参加したキャンパーは数えきれません。春、夏、冬には梢乃雪から少し北へ上った《京都で大学生活を過ごしたので上る下ると言ってしまう(笑)》旧真木分校、前山村留学センター(今は地元の人の持ち物)を舞台に雨飾山や白馬岳に登ったり、ツリーハウスなんていう言葉すらない時に木の上に家を作ったり、大みそかには分校の体育館に舞台を作って紅白歌合戦をしたり、ものすごく楽しかったですね。ギターやピアノを弾けるカウンセラーもたくさんいました。夏は無人島のキャンプもあって、様々な貴重な体験を小、中、高校、大学時代にさせてもらいました。カバゴンは欧州の木の玩具を日本に紹介する取り組みもされ、塩の道などの歴史にも精通されアイデアも豊富に詰まった方でした。そんなカバゴンに連れられキャンプに参加した仲間も今や子供もでき、自立した社会人として個々別々に生活を営んでいました。仲間と疎遠になるなかで、東京や大阪・兵庫でOB会も少しずつ行われるようになり「自分の子供も連れて、集まれるメンバーだけでキャンプでもやりたいな~」と真木分校をヤフーで検索したところ、梢乃雪の取り組みと辰巳さんの生い立ちを記したブログを見つけたんです。辰巳さんとメールでやり取りし、「まずは家族を連れて久しぶりに小谷へ行ってみよう」と考えていた矢先に地震が起きました。辰巳さんとメールをやり取りして1週間後の出来事でした。それから分校の様子を辰巳さんから伺って、「取り敢えず連絡できるところから連絡しなければ」と、慣れないLINEも駆使しつつ、カバゴンの娘さんとも久しぶりに連絡が取れ、小谷村復興支援の輪が広がりました。真木分校はじめ全壊や半壊、建て壊しの危機にある家もある中で、前に進まねばと再開した梢乃雪に今回、ボウフラと宿泊させてもらいました。2泊3日の滞在期間中に小谷産のおいしい食べ物も購入し、温泉に入りながら観光しながらいろいろな所を見て歩き、惜ししい蕎麦屋さんやケーキ屋さんにも立ち寄りました。ぼうふらと役場ではふるさと納税をして、「おたりのわ」の会員登録もさせてもらいました。ゲストハウス梢乃雪に立ち寄られた皆さんも、小谷村復興のために大自然を満喫し、友人知人にその良さを伝えてください。小谷村にお金を落とすこと、それが復興の一助になり、村を活気づけることにつながると思ってくだされば幸いです。ほんと小谷の人はいい人ばかりなんですよ。今年は12月から雪が多いそうです。スキーはどこでも満喫できます。車で来られる方はお気を付け下さい。話し出すと止まらなくなりそうなので、ここで終わります。ではまた、小谷でお会いしましょう。

Pick UP

th_縁側で朝食を⑤ 【ニノさん】で縁側フェチ子の縁側ちゃんが梢乃雪の縁側を紹介してくれました!

2016年4月24日に放送となった日本テレビ系列【ニノさん】において、<縁側フェチ子>として縁側の魅…

shea 【イベントレポート】第8回シェアごはん!ハイカラ最高です!

シェア&コミュニティハウスmetoneで開催された第8回シェアごはんの様子をレポート!※この…

NCM_0143_R
  1. lodec%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0_%e9%9b%aa%e9%81%93%e9%81%8b%e8%bb%a2%e3%81%ab%e3%81%af%e3%81%94%e6%b3%a8%e6%84%8f%e3%82%92
  2. 201608021119
  3. Makuakeリターン用山菜宣材
  4. 写真を撮る女子
  5. lodecブログイメージ_大晦日_最後の夕食
  6. th_Makuake山菜ミーティング1
  7. th_信濃毎日新聞掲載_シェアごはん
  8. th_水面のトラクター
PAGE TOP