LODEC Japan > ブログ > その他 > 【千葉から箕輪町に移住】はじめまして!せっきーこと関口 伊那谷の2年生です☆

【千葉から箕輪町に移住】はじめまして!せっきーこと関口 伊那谷の2年生です☆

2015.07.23

こんにちわ!
せっきー こと 関口 悠子 と申します。

IMG_95414

毎日美味しいお野菜たんまり食べて、元気な食いしん坊です。
長野県の南、そうですね。諏訪湖と木曽駒ケ岳の中間くらいにある箕輪町というところに住んでいます。
ここは伊那谷のふところ。中央と南の2つのアルプスに囲まれたのどかなこの町にこしてきて、
1年とちょっとたちました。

今日は初回なので、自己紹介がてらに、私がここに移ってきたきっかけをお話したいと思います。
出身は千葉県市川市。とってもすみよくて大好きな場所ですが、本当に住宅地のど真ん中。
畑も山も遠い存在だった私が、ここに住むきっかけの一つは祖母でしょう。
父は長野県の佐久市出身。小さいときから、GWや夏休みは祖母の家に遊びに行きました。
山菜とりやキノコ狩りに連れて行ってくれた祖母。
裏の畑で野菜をとったり、草もちを作ってくれたりと、いわゆるあたたかい田舎のお母さんでした。
年に数回しか遊びに行きませんでしたが、自然や四季の恵みを感じながら生きる長野という地に
漠然とあこがれを抱いたのは、祖母の存在があったからでしょう。

私の中学生~高校生は、環境問題を大きく授業で取り上げ始めた時代。
私は引っ込み思案で、おとなしくて、運動音痴でしたが、この頃は何かの形で環境問題に貢献したい!
なんて大志を将来の夢の作文に書いたりしていました。うう…

その後、地元の県内の大学へ。自然や環境に興味から農学系の学部に入り、
ちょっとゆるい山岳部のようなサークルに所属しました。
楽しかったですよ!山自体はゆったり行ける場所が多かったですが、
尾瀬の自然公園でインターンのようなことをしたり、
台風接近でテントが飛ぶか心配しながら、30名ぐらいの合宿キャンプをしたり…。
すてきな仲間たちにも恵まれました。
この頃からですかね。自然の中で過ごす、遊ぶことだけでなく、人とつながることに魅力を感じ始めました。

そして、山にはまり始めた影響で、地元のアウトドア用品店でバイトをし、
その勢いでアウトドアメーカーへ就職
山ガールの言葉で始める位だったかな?でも私は山女とよばれたい性質。
クライミングほどハードなレベルにはいけませんでしたが、もう山LOVE まっしぐらでしたね。
自然の中に身を置くことの楽しさ、心地よさ。
そして、そこにいっしょに行ける仲間がいることの素晴らしさに毎回幸せいっぱいでした。
仕事が早番で終わると、そのままテントしょって新宿駅から夜行バスにのって、はい上高地へ!松本へ!なんてやってました。
若かったなぁ。今はできんだろうなあ(笑)

この先、私がこの地にたどりつくにはもうちょっと経緯がありますが、
大分長くなってしまったので、今日はこのくらいで…。

つまり、仕事後に夜行バス乗っていってしまうくらい、信州は魅力たっぷりの大好きな場所でした。
そしてそれは子供のころのおばあちゃんがくれた体験からもきているんだろうなあと。

ではでは 皆様
また後日~!!

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム