ゲストハウスまちやどのオーナー、聖子さんがご来村

lodecブログイメージ_まちやど聖子さん

岐阜県郡上にあるゲストハウスまちやどのオーナー、聖子さんが梢乃雪に遊びに来てくれました。
ぼくが初めてまちやどを知ったのはFacebookのタイムラインに流れるクラウドファンディングの記事。
「郡上の空家を交流型ゲストハウスに」だったのです。

まちやど聖子さん2

*この記事は2014年12月23日(火)の出来事を記載しております*

今年の4月。
ぼくは人生で初めてのリゾートバイトで岐阜県高山市の荘川という地域のホテルで2週間のリゾートバイト生活をしておりました。
(このリゾートバイト生活もなかなか様々な出来事があったのですが、その話はまたどこかで。)
最終日、午前の仕事を終え、荷物をまとめて掃除をして。ぼくは荘川のホテルを後にしました。
久々に自由の身となったので、どこか遠くに足を伸ばそうー。
そう思い携帯のgoogle先生と相談をした結果、南下してみよう!ということに。
梢のゲストさんと「岐阜市でご飯でも。 」ということになり、一路岐阜市を目指したのです。

道中、昼ご飯をどこかで。。
とたまたま車を停めた目先に入ってきた「郡上八幡」の文字。
ほうほうそうか。
ここがうちのゲストさんがよく話す郡上踊りの土地か。
そんなことをふと考えておりました。

それと、【わさび屋】と書かれた大きな建設事務所のような建物。
「町の駅」との看板を始め、岐阜県のありとあらゆる名物ののぼりがはためいておりました。
「あ、あやしい。。」との好奇心から店に近づくと、どうやらご飯屋さんであることがわかりました。
建物の隅にわさびが植えられており、怪しさと私の好奇心を一層に掻き立てます。
ここでお昼にしよう!と、店内へ。
どうやらわさびの栽培をしながら、ご飯屋さんとわさび製品の製造販売をするお店だそうで。
私も小谷村のわさびの生産団体と関係がある身。(一応その団体のメンバーなんです)
興味津々で、わさびがリスペクトされた定食をいただきながら店員さんにあれやこれやとお話をさせていただいたのです。
その時、そう言えばFacebookのタイムラインに流れていたあのゲストハウスも、もしや郡上だったのでは?!!
とのことが頭をよぎり、再びgoogle先生に問うのでした。

そのゲストハウスは【まちやど】といい、クラウドファンディングの支援者が集まり、現在改装中だ。
とのことがわかりました。
「これはなにかのご縁!是非ご挨拶に!!」と、google先生に連絡先を三たび問うのでした。
が、連絡先発見できず!??

オープン前であった為連絡先は公開されておりませんでした。
どうしたのもか?と、店員さんと話をしていると。
「ちょっと、社長にきいてみます。」とのこと。
ほーほー地元民同士は交友があるのかな?と。
元気一杯の女社長が奥から登場し、わさびの話に花を咲かせた頃。
(このときのお話がきっかけで、後日小谷村のわさびを造る生産団体とわさび屋さんを再訪することとなりました。が、これもまた別のお話で。)

「木村さんね!実は2日前に初めてお逢いしたのよ!」との偶然。
それで、女社長さんはまちやどオーナー木村氏に電話をしてくれたのでした。
↑あ、ここまでの話は
まちやどの聖子さんと知り合うきっかけとなったことがちょっとした奇跡的なタイミングが重なったのです!!
とのことを力説したがいが為に長文となりました。笑

その後、絶賛改装中のまちやどさんにお邪魔し、聖子さんからゲストハウスを始めるまでの経緯や価値観等のお話を伺い。
郡上を後にしたのです。

その後、わさび屋さん再訪の際。
おたり山菜の会(わさびを造る生産団体)ご一行は道中の高山市で宿をとったのですが。
その夜、高山市のゲストハウス【とまる】さんに立ち寄った私は。
またまた奇跡的なタイミングでとまるさんに訪れていたまちやどオーナー聖子さんと再会!!したのです。

夏に梢乃雪のヘルパーをしてくれていた、ぼくの名刺をてがけてくれているなおちゃんが。
なんの因果関係かまちやどさんに遊びにいき、聖子さんと意気投合し。
小谷村で地震がおこり、その際聖子さんからは暖かなメッセージをいただき。
そんな関わりがあり、今回聖子さんがご来村されたのです。

長い!!笑

面白くもなんともない記事となってしまいましたが。
聖子さんとはちょっとした運命の糸が絡まっているぞ!!
とのお話でありました。笑
聖子さんの目指すゲストハウスの形、とっても共感することが多いのです。
地域でゲストハウスを営むということ。
簡単じゃないんですよ。
でもね、それなりの意味と想いが詰まっていたりなんかして。

どうぞ、郡上踊りに。
そうじゃないときでも。
どうぞ古き良き日本の景色が残る郡上へ。
足を運んでみてくださいませ。

つづく

*ゲストハウスまちやど*

まちやど

郡上八幡の古き良き街並の中のゲストハウス。
‘地域と人を繋ぐ’を、我が家同様目指しているゲストハウスです。
オーナー聖子さんに、是非とも逢いに行ってみてください。
電話:0575-67-9118
住所:〒501-4222 岐阜県郡上市八幡町島谷674
HP:ゲストハウスまちやどHP http://machiyado.info/

たつみかずき

たつみかずき

LODEC Japan CEO / 長野県小谷村-OTARI-人口3000人のど田舎に関西より2009年に移住。
小谷村元山村留学生。小谷村役場職員として就村するも「一村民としてできること」を模索し退職。
2011年小谷村の自宅にて築150年の古民家を宿とした「古民家ゲストハウス梢乃雪」、大町市中綱集落にて2014年より2号館「ゲストハウスカナメ」を開業。
「これからは田舎が熱い!!」日本全国の田舎好きと田舎を繋ぐ人となるべく。毎日遊ぶ様に働く日々を過ごしている。

関連記事

  1. 【クラウドファンディング】2月5日(木)よりMakuakeにて開始! 【クラウドファンディング】2月5日(木)よりMakuakeにて開…
  2. スイミーの演奏会_チラシ ファンタジック!バイオリンボーカルロックバンドswim meがゲ…
  3. 大町youthサミットまであと6日_たつみ 信濃大町youthサミット、まであと6日
  4. 【TBS水トク「大後悔時代」】に出演!大町レディースはるちゃんが田舎暮らしを大公開?!実は撮影に同行してました。 【TBS水トク「大後悔時代」】に出演!大町レディースはるちゃんが…
  5. 大町駅前ハウス打合せ 【From 田舎 to JAPAN】田舎の棲家を創る信濃大町駅前…
  6. 子育て 地方で結婚し、子どもを産むこと
  7. frespo-1 <移住の一手段> 高い家賃と都会の生活費で消耗する生活をやめてみ…
  8. th_2016年今年も前のめりに 2016年もどうぞご指導ご鞭撻賜りより一層のご贔屓の程、よろしく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

Pick UP

th_縁側で朝食を⑤ 【ニノさん】で縁側フェチ子の縁側ちゃんが梢乃雪の縁側を紹介してくれました!

2016年4月24日に放送となった日本テレビ系列【ニノさん】において、<縁側フェチ子>として縁側の魅…

第5回metone-DIY-dayブログカバー 【参加者募集】第5回metone DIY day 〜木製タイル&はざいの日〜

DIY=Do It Yourself=自力で楽しく創ること「自分たちでやろう!!」との意…

th_花金東京飲み会_集合写真
  1. 201603181035
  2. DSC01379_R_ps
  3. DSC01425_R
  4. th_lodecブログイメージ_白馬シェアシェア飯_集合写真
  5. 動画で復習!地域企業講座
  6. image
  7. 201604210759
  8. Makuakeと元気づくり補助金提出前日
PAGE TOP