LODEC Japan > ブログ > ブログ > LODECの活動 > 長野市松代町、武家屋敷の蔵を果物スイーツ店にする計画。

長野市松代町、武家屋敷の蔵を果物スイーツ店にする計画。

2014.12.28

「私の家、武家屋敷でさ。」
うんうん。
「家の敷地内に蔵があるのね。」
うんうん。
「爺ちゃん婆ちゃんが果樹園やってる農家でね、お米も野菜もつくってるの。」
うんうん。
「お母さんが何年も前にその蔵お金かけて奇麗にしてさ。」
うんうん。
「昔、喫茶店とかにしたいー!とか言ってて、水道も蔵の手前までひいてるんだよね。」
うんうん。
「私今年仕事辞めてさー、自分でなにかしたいんだよねー。」
。。その、蔵使って飲食店でもすればいいんじゃないの??

*この記事は2014年12月26日(金)の出来事を記載しております*

松代街並

長野市松代町。
皆さんご存知でしょうか?
そうです、あの!!
戦時中の日本の中枢部にしようとの目論みのあった地下壕大本営があって
真田百万石の城下町で今も尚その景観を残し
上信越道松代ICがあり関東圏からのアクセスが良好で
近々お屋敷を改修したゲストハウスが立ち上がり
新世紀エヴァンゲリオンで第2新東京市の舞台となりそうになり(実際は松本市となった)
廃線となった長野電鉄屋代線松代駅の駅舎がそのまま残り
2016年1月より放送が開始されるNHK大河ドラマ「真田丸」の舞台となっている

あの!!
松代町が、今回のお話の町なのでございます。笑

文頭の会話は、とある小動物系女子とぼくが春先に交わした会話。
なんでも、彼女は松代町の武家屋敷が実家で、祖父母は果樹園をはじめとした専業農家だそうなのです。
で、仕事を辞めて自分でなんかはじめた〜い〜〜〜。とのゆるい瞑想を繰り広げる彼女に。
「いや、もう武器は揃っているのではないでしょうか?」
と、提案させていただいたところから始まったお話なのです。

彼女の実家はなんでも、真田百万石の城下町のど真ん中に建つ武家屋敷を先代が買い受け、住み始めたお家で。
敷地は広大で、城下町らしい門構えと、蔵と屋敷(何度も改修がされている)、池に老木の庭がある。
とのこと。
大本営等の松代観光で人の出入りがある立地で。
しかも地元の果実、野菜、米は身内からいただき放題。
そのような状況下にいる彼女。
「いや、もう武器は揃っているのではないでしょうか?」
この言葉が本当に自分なりにしっくりくる次第です。笑

松代小山家門1

lodecブログイメージ_松代小山家蔵と庭

私は前職が地域おこし関連のお仕事であった為「地域でなにかをおこす!!」との事例をたくさんみてきました。
とかく六次産業なる「一次産業の産物を二次産業+三次産業の価値観で流通させる」といった価値観の話は多く耳にしてきました。
ただ六次産業とはなかなか簡単な事業ではありません。
まず、製品の原料となる産物があること。
次に、産品を製品化する必要があること。
最後に、その製品を流通させる仕組みとビジネス的センスが必須であること。

これらを農家の皆さんが一から創り上げる。
行政が介入してモデルケースを構築させる。
なんてこと、大半が絵に描いた餅と化すものがほとんどであるです。

私がその彼女に提案したことは、産物も場所もあるのだから、「それを製品化して販売する仕組みを創ればいいのでは??」
ということ。
「ばあちゃん育てた林檎で、マフィンをつくり販売する孫」
そのマフィンは、観光地の武家屋敷の門をくぐり池と老木の庭の中のリノベーションされた蔵のカフェ食べられる。

「これ、うちの宿より面白い話だと思いますぞ?」

そんな提案を春先にしたのです。

春先に話をしていたとおり彼女は、実際に務めていたお菓子工場を退職しました。
そして、いまこの蔵で、彼女は自分のこれからの生業創りをスタートさせます。

彼女は、祖父母がいつまで果樹園を続けられるのかを案じております。
「杏も桃も葡萄も林檎も、全部おいしいんだ!!」と目を輝かせて語っておりました。
六次産業なんていうと、なんだか行政が仕掛けたトレンディーな地域おこしワードにしかきこえませんが。
彼女がこれからこの蔵で始めようと考えているこの事業は。
彼女に、家族に、地域にとって本当に必要な「未来」に繋がるなにかしらになるんじゃないかなー??
なんて、勝手に妄想を膨らませるお節介な私です。笑

商売ってなんだろう?
こんなことを考えると、きっとそれは。
「人々が必要とする、ことともの」
を、お金を介して交換する仕組みなんだと、私は考えます。
彼女がつくるじいちゃんばあちゃんの果物スイーツが世の中に必要とされるものとなることで。
きっとなにかしら、松代の未来に素敵な出来事をもたらすのだと感じているのです。

今後進めていくLODEC japan構想の事業の一つとして、この蔵のスイーツ店計画に足をつっこんでいこうかと。
なにせ、余計な入れ知恵をしてしまったのは、私ですので。笑

むねこばあちゃんの桃

ばあちゃんがつくるこの黄桃が、うまいのなんのって!!
また楽しいことが一つ、始まります。
はてさて一人の女性が人生をかけて始める物語。
彼女もぼくと同様の「明日、いきていけるのか?!!」は、また順を追ってこのブログで記録していきたいと思います。

仲間募集!!!!!
彼女が始める物語に、私同様足を突っ込んでみたい方は。
どうぞなにかしらのアクションを。
よろしくお願い致します。

つづく

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム