LODEC Japan > ブログ > ブログ > LODECの活動 > ALPS BOOK CAMP2015(アルプスブックキャンプ) @木崎湖キャンプ場 湖畔の木漏れ日のキャンプ場で本と珈琲を愉しむ素敵すぎる!イベントレポート

ALPS BOOK CAMP2015(アルプスブックキャンプ) @木崎湖キャンプ場 湖畔の木漏れ日のキャンプ場で本と珈琲を愉しむ素敵すぎる!イベントレポート

2015.08.11

ALPS BOOK CAMP2015 @木崎湖キャンプ場 湖畔の木漏れ日のキャンプ場で本と珈琲を愉しむ素敵すぎるイベント、にて私は駐車場係で真っ黒日焼け。

ALPS BOOK CAMP 2015(アルプスブックキャンプ) @ 木崎湖キャンプ場

ALPS BOOK CAMP(アルプスブックキャンプ)は、昨年2014年にここ木崎湖キャンプ場で始まり、今年2年目にして大盛況!
で且つイベントとしての雰囲気の統一感がたまらなく素敵だと大好評でありました。

主催は長野県松本市のブックカフェ【栞日-shioribi-】さん。
「アルプスの麓で本と親しめるイベントがしたくて。ALPS BOOKという言葉を考えたんだけど、頭文字がABと続いたから、’C’の文字を入れたいな!って考えたんです。そしたら’CAMP’かな?って。笑」ALPS BOOK CAMPの名前の由来はこういった理由だったそうです。笑

栞日のオーナー菊池氏からそんな話を伺いつつ、ひょんなことからイベントスタッフと私。
北アルプス山麓の穏やかな湖畔のキャンプ場。
木漏れ日の中、本や雑貨、音楽に囲まれる素敵な時間。そんな素敵すぎたALPS BOOK CAMP2015をレポートいたします。

※この記事は2015年7月25日(土)26日(日)の出来事を記載しております

th_ALPS BOOK CAMP_場内4看板

こんにちは。長野県北アルプス山麓地域で「地域と人を繋ぐ」LODEC Japan合同会社のたつみです。
開催場所となった、ここ木崎湖キャンプ場は私たちLODECが運営する【ゲストハウスカナメ】からほど近く。
ひょんなことからお手伝いすることになったアルプスブックキャンプ。

様々なイベントに携わる私たちですが、これ程にもピースフルなイベントは稀だ!と思えるようなとても素敵なイベントでありました。
そして、スタッフでありながらもしっかりとイベントを満喫!!した次第です。

前回までのお話>>
【スタッフ募集】ALPS BOOK CAMP in 木崎湖キャンプ場 7月25日(土)26日(日)開催
〜ALPS BOOK CAMPを主催している松本市のブックカフェ【栞日-sioribi-】さんに行ってきました。

th_P1190984

イベントコンセプトは
‘湖畔のキャンプ場で、本を愉しむフェスティバル’
北アルプス山麓の雄大な自然の中、木漏れ日の湖畔で活字の世界に舟を出す。
この写真が映し出すようにそれはそれはピースフルでかつハートフルな2日間でした。

th_P1200058 th_P1200053 th_P1200052 th_P1200049 th_ALPS BOOK CAMP_場内1

出店されていたは屋台は本屋さんを中心に、雑貨、飲食店など多くのお店が軒を連ねました。
申し合わせたかのような統一感のある雰囲気。
これだけの素敵な出店者をよく集められたな〜と、主催者であるブックカフェ栞日の菊地氏に脱帽であります。

好天に恵まれたことも手伝って2日間の来場者数は約2300人。
いやーすごい!!

th_P1190913

木崎湖のさざ波の音と本気で遊ぶ子供たちの無邪気な声と。
そもそも素敵な木崎湖キャンプ場×ブックキャンプ
それはとても素敵な時間となる訳です。

th_P1200013 th_ALPS BOOK CAMP _場内3シャボン玉と少女

ゲストハウスカナメの常連である女子力の高いお兄さんの特性シャボン玉に子供達が集まっておりました。
業者か!!と思うほどのシャボン玉の数々。笑

各々が各々で愉しむ。
「空間を愉しむ」という統一感が、個人的でありながらも協調的。
参加者が、出店者が、ブックキャンプスタッフが、キャンプ場スタッフが。
その場にいる全ての人々がこの【ALPS BOOK CAMP】を創り上げているんだなー。
そんなことを感じる2日間でありました。

th_ALPS BOOK CAMP _場内2

スタッフはスタッフとしてイベントを愉しむ!
だからこそ良質なイベントと成る。
そんなシンプルな価値観にたどり着いた私。

「そうだ!この素敵なイベントをとことん愉しんでやろう!!!!!」
幸運なことに主催者である菊地氏(上写真男性)に「スタッフのやりくり、任せます♪」
との軽快なお言葉をいただいた私は、会場内の足りない部分を補う役回りに。

つまりは「フリー」
つまりは「自由」
自分自身の仕事は自分で創る!!

DIY精神豊富な私には適任なポジショニング!!
そんな私が2日間のほとんどの時間に身を置いたお仕事がこちら!!!!

th_ALPS BOOK CAMP_駐車場班

そうです、ここ、駐車場。
なんて絵的レベルが低い構図であるか。。は、置いておいて。笑

会場から少々離れたところの臨時駐車場から会場まではシャトルバスが出ており、なにもないグラウンドに事故の無いよう車を停めていただくこと、ぴしっと!二列並びとすること、シャトルバスで会場に向かう皆様に最高のお見送りをすること!!
をテーマに最強の駐車場班の編成を行いました。笑

ほとんどのイベントにおいて「駐車場」とはイベントの「真っ先に到着するイベントの入口」であります。
「家に帰るまでが遠足です。」との遠い過去のインパクトのある先生のあのお言葉同様

「車を停めた瞬間からがALPS BOOK CAMPなんだ!!」
との価値観を統一し、ディズニーランド顔負けのホスピタリティーを目指し誘導とお見送りに尽力した次第です。笑
(そして会場にはどっしり構える菊池さんがおられる訳で、指示系統をFacebookメッセージグループと無線及び携帯で装備した状態での駐車場からの指示だしで事足りたのであります。)

「いってらっしゃい♪」のお見送りにはもちろん満面の笑顔と手を振るアクションを忘れずに。
木漏れ日の会場の三倍程の灼熱感漂うグランドでも流す汗は爽やかに。
いつでも声は大きくはっきりと!!

最強の絵的には暑苦しい男性スタッフと、まるで甲子園を目指す高校球児のごとく俺の青春!!的なブックキャンプを楽しんだのでした。笑
(当日の日焼けにより真っ黒になった両腕は皮が剥ける程の青春時間でありました。)

th_P1200071 th_P1200062

忙しい合間を縫っての写真撮影で残っていた駐車場の写真は。。
はい、やはり絵的レベルの高い女性スタッフの数枚のみでありました。笑

th_ALPS BOOK CAMP_夕暮れth_ALPS BOOK CAMP_夕暮れと人

th_ALPS BOOK CAMP _metoneの夜

1日目が終わり菊池さんと2日目の打合せを終えてキャンプ場から10分程のところにある私たちLODECの事務所metoneに帰ると、ブックキャンプに出店していた長野市の【ファーマーズキッチン】の関係者が酒盛りをしておりました。
今回のブックキャンプには友人知人ゲストハウスのゲストさん、お仕事の関係者など多くの方が来場、関係しておりました。

th_ALPS BOOK CAMP 祭りの終わり

2日間を大盛況で終えたALPS BOOK CAMPの撤収中の景色。
祭りの後の哀愁感がたまらない光景でした。
自分至上ベスト10に入る夏の思い出の一つです。

私たちの活動の拠点である北アルプス山麓地域では日々素敵で愉しい出来事が行われています。
地域的な魅力がきっと愉しいこと好きの人々を引き寄せるんだろうな。

ALPS BOOK CAMPの来年のことは未だわかりませんが。
2日間を尽力した運営スタッフと、同い年でカフェを経営し一児のパパである主催者の菊池さんとの出逢いはきっとなにかに繋がることだと思います。

また来年も開催となるのであれば、次回は日焼け止めを持参してのお肌のケアは忘れないようにしたい!!
と心に刻む夏男のたつみがALPS BOOK CAMP2015のイベントレポートをお届けいたしました。笑

つづく

◯前回までのお話>>
ALPS BOOK CAMPを主催している松本市のブックカフェ【栞日-sioribi-】さんに行ってきました。

【スタッフ募集】ALPS BOOK CAMP in 木崎湖キャンプ場 7月25日(土)26日(日)開催

◯主催者菊地氏が営むブックカフェ>>
ブックカフェ栞日-sioribi-

◯会場となった素敵すぎるキャンプ場>>
木崎湖キャンプ場

◯木崎湖と北アルプス山麓を満喫したい人へおすすめのゲストハウス>>
ゲストハウスカナメ

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム