LODEC Japan > ブログ > ブログ > コラム > そんなとこで腐ってるなら転職しちゃえば?Wantedlyオフィスに遊びに行きました&利用してみた感想まとめ

そんなとこで腐ってるなら転職しちゃえば?Wantedlyオフィスに遊びに行きました&利用してみた感想まとめ

2016.01.09

東京の街に〜出てきました〜♪Wantedly-ウォンテッドリー-!編

あの新進気鋭で最近よく耳にする「ウォンテッド!!リー」さんに興味が津々だったので!!無理を言って会社見学をさせていただきました。
さすが今をとときめくベンチャー企業。
鼻に付くくらい素敵!!な会社さんだったのでここで勝手に紹介させていただきます。
(うらやましくなんて。。ないもん。。)

※この記事は2015年11月27日(金)の出来事を記載しております

ウォンテッドリーさんにいってきた

我が事務所では来客がない限りファンヒーターの電源をON!!にしない雪国の貧困弱小企業LODECのたつみです。
うちのハイパーメディアクリエイター(2016年よりフォトグラファーに転身?)は事務所内で着込んだ最強装備を、外出するときに脱いで出かけるという徹底ぶり。
今日は、そんなうちがそれこそ見上げてしまうような会社さんが素敵だったよ!!というお話です。笑

東京にたまに出かけてたつみはなにしてるの??
なんてたまに質問を受けますが、だいたいこんなことをしています。
人と逢い’打合せ’と銘打っては愉しいお茶会を展開する次第です。笑

ウォンテッドリーさんにいってきた

Wantedly ウォンテッドリーとは

Wantedly??
Wantedly=うぉんてっどりー=はたらくを面白くするビジネスSNS

Facebookのように自分のアカウントを作成し、自身の経歴や取得している資格やスキルなどのビジネスに関連した情報をアカウントに記載していくといったもの。
ウォンテッドリーの面白いところは、個人アカウントの他に’会社アカウント’なるものが存在することで、「こんな仕事がしたい!」と「こんな人材が欲しい!!」の需要をマッチングするサービスであるところなんです。

実際に私のアカウントとLODECのアカウントをご覧ください。

たつみかずきのウォンテッドリーアカウント
LODEC Japanのウォンテッドリーアカウント

求人する側は実際の面接や試験ではわからない’その人の価値観や人間性’を垣間見ることができ、求職する側も同様にデータではわからない’会社の方向性や中の人キャラクター’などを垣間見ることができるのです。
「取り繕った就活用の言葉いらないから、本心で語ってみなよ。」
そんなことを考える人事の人は、是非ウォンテッドリーをお使いになられることをお勧めします。笑
そして、ウォンテッドリーには「日本の未来は明るいぜ!!」なんて感じる素敵でクリエイティブな求人が盛りだくさん!!
いまの会社で腐ってる血気盛んな若者たちは、このウォンテッドリーで転職先をチェックしてみてもいいかもしれませんね!

ウォンテッドリーカナメ募集用

ウォンテッドリー本社へいってみました

そんなこんなで私の心を躍らせたこのウォンテッドリーさんの会社見学にいってきました!
きっかけは、LODECが運営するゲストハウスカナメのスタッフ求人を行った際に書いた記事)を目にしたウォンテッドリーさんの方からお電話をいただいたことでした。
電話の内容は「素敵な写真で素敵な文章ですね♪」なんていうお褒めのありがたいお言葉を頂戴し「がんばってくださいね!」との脈略のない内容。
理由はさておき、そんなありがたいお言葉を頂戴しいい気になった私は「会社、見学してみたいです!!」なんていう持ち前の図々しさを発揮したい次第です。

ウォンテッドリーさんにいってきた場所は東京白金台。

2〜3人のお呑み会代程度のランチ料金が小さく印字された大きなメニューを入り口に設置したお店からはお上品な奥様方の談笑がきこえてきます。
太陽の当たる閑静な木漏れ日の小径を歩きながら貧富の差を思い知らされる昼下がり、私はそびえる都会的な白いビルを目指すのでした。

ウォンテッドリーさんにいってきた ウォンテッドリーさんにいってきた

ウォンテッドリーさんにいってきたウォンテッドリーさんにいってきた

都会的なビルにはなんとなく緊張感が張り巡らされております。
そんなことを感度よく察知する私は、そうです田舎者なのでございます。

ウォンテッドリーさんにいってきた

広大なオフィスでは雑誌か何かの撮影でしょうか。
オフィスというより撮影スタジオ。。
(うらやましくなんて。。ないもん。。)

th_wantedly1

1時間程度あれやこれやと打合せをしていただきました。
特になんてことない話に花が咲き都会的なオフィスは笑いで満たされる♪というウォンテッドリーさん的に不毛であろう時間を過ごした次第です。
打合せ、と、言うより観光でしたねもはや。。笑

th_wantedlyアクセス3

都会的なお洒落なオフィス観光を終えた私は白金台の「プラチナドンキ」も併せて観光し、白金台を満喫した1日でありました。

ウォンテッドリーシェアメイト募集用

ウォンテッドリーを利用してみた成果と感想

◯求人を行った結果

・《ゲストハウススタッフ募集》信州北アルプス山麓の宿で感性にふれる仕事

・信州北アルプス山麓のシェアハウスで<想像を創造する>シェアメイト募集!!

今回私たちはゲストハウスカナメのスタッフ募集とシェア&コミュニティハウスmetoneの入居者募集の二件の募集を行いました。
結果的に募集を行っていた約1ヶ月の間に11件(ゲストハウス10件/シェアハウス1件)の応募をいただくという盛況ぶりでした!
経歴も様々で、このように実際に働きたい!という需要が多くあるのだということを知ることができるいい機会でありました。
結果的にゲストハウスにはウォンテッドリーを通じ二名の短期スタッフを採用することになりました。
1ヶ月間でこの広がりはすさまじいことだと思います。
しかも、応募いただく方のパーソナリティを経歴を文章から見てとることができるシステムは、雇う側からすればとても有益なシステムであることは言うまでもありませんね。

◯ウォンテッドリーを使用した感想

・個人アカウント
自分自身の経歴やスキルアピールポイントが様々記載できる機能が◯
自身の仕事に関する価値観を書き込めるので、求人側も読み込むほど人間性を垣間見ることができる。
今回求人する側の利用をしてみて特にこのシステムは素敵だな〜と感じました。

・会社アカウント
会社アカウントは3つの見出しに対して文章を書き込んでいく構成になっており「なにを/なぜ/どうやって」やるのか?
を分けて記載するようになっています。
会社がどのようなことをどのような理由でどうのように達成するのか?が明確に記載することにより、求職側は会社の魅力を知ることができる。
他の会社の求人をたくさん見ましたが、すごく興味深い会社がたくさん!!
仕事って愉しそう〜〜〜。日本の未来は明るいと思う◯

・求職側の応募機能
「この会社気になる!!」と思えば気軽に応募することが可能なシステム。
求人する側は応募者のアカウントを確認し、連絡を取り合ったりオフィスに招いて話をすることができる!という仕組み。
求人する側求職する側がダイレクトにつながることができる機能は余計な手間や就活用の退屈なコメントのやり取りをする必要がなく◯

・求人側のスカウト機能
ゲストハウススタッフに適した人を探したい!と思い使用した機能。
これは会社アカウントで使用できるもので、登録されている個人アカウントを様々なワードから検索をかけることができお気に入りを見つければそのままダイレクトにメッセージを送ることができるのです。
「ゲストハウス」などのワードを検索すれば、「ゲストハウスを将来開業したい!!」なんてことを書いているアカウントに出逢ったりなんかして。
実際にスカウト機能で連絡をとりあった人は1名で、機会があれば顔合わせをする予定◯

・その他
システムも使用感もデザインも言うことなしのウォンテッドリー!!
自分が仕事をこれから探すなら、転職を考えるなら、素敵な人材と巡り会いたいなら。
このウォンテッドリーの利用は全ての人に「やるべきだ!!」と声を大にしてお勧めできるものだと思います。

一点残念なこととしては’10名以上の応募者と連絡を取る為には有料会員登録が必要’ということ。
求人をしてからいただく応募者とのやり取りが10名までに機能制限がかけられているのです。
(実際うちも11人目の応募者にはなんのレスポンスもできていない状態)
「せっかくだから有料会員登録しようかな。」
なんて思ってもこの会員料金が私たちのような極貧弱小企業にはなかなか手が出せる価格ではなく。。

◯ウォンテッドリー有料会員価格

-ビジネス-
・6ヶ月パスポート 35,000円/月
・12ヶ月パスポート 30,000円/月

となっているのです。
求人とは「会社の収入に直結する最も重要な営業活動」
会社にとっての「人材」は商品やシステム同様に最も重要なコンテンツなのです。
なので、素敵な人材と出逢えることのできるツールとして考えれば、もしくは有料職業紹介の仲介料なんかと比較してみれば、その低価格っぷりは群を抜いている!!
と考えることができるのです!!

そう、私たちのような極貧弱小(以下略)
(うらやましくなんて。。ないもん。。)

素敵なお仕事を
素敵な人材を
求める感度の高い皆さまは、どうぞウォンテッドリーのご使用をお勧めいたします。

人生は出逢いできている。
そんなことを北アルプス山麓の田舎町で日々思う次第でございます。
田舎にも素敵な人材、かもん!!!!!!
シェアハウス、やってるんだからっ!!!!!!笑

信州北アルプス山麓のシェアハウスで<想像を創造する>シェアメイト募集!!>>

https://lodec.jp/metone/

つづく

あわせて読みたい>>

・東京の街に〜出てきました〜♪突撃花金熱気の東京飲み会!編
・【お答えします】Q.広報ってどうやってるんですか? A.はい。完全に肉弾戦です。

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム