2015年初日!THE日本の元旦。大雪とかまくら遊び。

lodecブログイメージ_元旦_おとそ

2015年1月1日元旦!!祝、新年。
明けましておめでとうございます。
今年も関係各位、いまは見るどなたか様、お世話になります。
ど田舎の遊び人、たつみです。

いやーさらっと来てしまいました。
新年2015年。
あたふたしていて気がつけば2015年となり1分が経っていた年越しを過ごしました。
梢乃雪厨房でおせちづくりに精を出していた頃に、居間では厳かに新年をお祝いしたそうです。
混じれなかったーーーーーー。。
そして、年越しそばを年を越した後にすすった、なんだか自分らしい新年の始まりでありました。笑
夜からつづく大雪は明け方には1m程の降雪となり「憧れの寝正月」とうたいぐだぐだしようとしていた元旦は一日。
雪遊びという名の除雪作業に費やす一日となりました。
憧れは今年もまた、憧れに終った次第です。。

*この記事は2015年1月1日(木)の出来事を記載しております*

元旦_おせち

お正月、元旦の私がもつイメージは「親戚一同大集合」なのです。
幼少期私は、大阪府高槻市が実家であり、父母両家の祖父母の家が徒歩圏内にあった為。
歩いて両家のじいちゃんばあちゃん家で新年を祝ったものです。
親戚一同が一つの部屋に肩を寄せ合い集まって、上座にじいちゃんが偉そうに座ってお酒を吞んで。
ばあちゃんや母ちゃん連中が席の支度をあくせくして。
顔を真っ赤にしたおじさんたちの声が大きくて、テレビではマラソンが流れていて。。

あー。なんだか日本ていいな。
そんなことを思っていた幼少期でありました。
両家とも、じいちゃんばあちゃんが健全ではなくなってから、我が家のお正月はもっぱらスキー旅行となりました。
いま、ぼくが思う「お正月」を過ごすお家って、日本にどれくらいあるんでしょう?
そんなことを想う今日この頃、我が家でそんな私のイメージのお正月を過ごすことができることは、とっても嬉しいことなのです。

元旦_おせち食べる

元旦_おとそ吞む

深夜までかかってつくったおせちも、薪ストーブで煮込んだ豚の角煮も、朝から吞むお酒も。
テレビから聞こえてくる初笑の漫才の音も、親戚の様に集まったゲストさん一同の和気あいあい感も。
あーおいしくてお正月っぽくて素敵だなー。
と感じる時間でした。
ちなみに、豚の角煮は父の辰巳家で毎年正月になれば恒例として食卓に上がる一品なのです。

元旦_若さん

元旦_若さん2

画になる男?!
お正月、というより。。夏祭りな感じですね。笑

元旦_お雑煮

関西で食べるお雑煮は、父方(大阪)は白みそ、母方(佐賀)は醤油味でした。
梢で私がつくるお雑煮は鳥と鰹出汁の薄口です。
毎年12月30日に我が家でついた餅が大変に美味しいのです。

さぁ憧れの寝正月!!
と、見てもいないテレビの音をかすかにききながら1時間程うとうとしていたのですが。。

元旦_大雪

大雪を通り越して、豪雪なった小谷の元旦。
ゲストさん含め総出で雪かきに勤しみました。
はい、これが雪国の日常です。
元旦であろうとと冠婚葬祭であろう受験日当日であろうと。
雪はいつでも関係なく降るのです。

元旦_車うもれる

我が愛車はやたらと頭皮が縦に伸ばされておりました。笑

元旦_雪と夜

雪と戯れている間に気がつけば日は暮れて。
雪国は暖かな光が溶ける夜となりました。
我が家の目の前にはおおきなかまくらができております。
ゲストさんが汗してつくった巨大かまくらです。

元旦_かまくら

かまくらで夕食を。
これがまた幻想的な空間でとっても素敵でありました。
寒過ぎる為、長居をする人はおりませんでしたが。笑

さぁ、2015年。
今年はどんな楽しい日々が訪れることでしょう。
年の初めに目標とする様々なこと、確実と出来る様に精進を続ける日々としたいです。
雪が溶ける頃には29歳となる私。
最後の20代の1年が始まったのです。

毎年のことですが、より一層2015年は様々な変化が訪れる年となるのかと。
どんな状況であっても「楽しいーーー!!!!」と想える時間としていきたいです。

たつみかずきの明日、生きていけるのか?!
日々ぎりぎりの生活はまだまだ続きます。
リアルなど田舎サバイバルストーリー。
明日も物語を構築し続けれますように、生業と食いぶちをど田舎に。
ど田舎で ‘創る’ を、今日も。明日も。あさっても。
どうぞご興味をお持ちいただいた方から順々においでませ、ど田舎に。

これからは田舎が熱い!
ってことで。
本年もよろしくお願い致します。

つづく

元旦_かまくらとアライグマ

たつみかずき

たつみかずき

LODEC Japan CEO / 長野県小谷村-OTARI-人口3000人のど田舎に関西より2009年に移住。
小谷村元山村留学生。小谷村役場職員として就村するも「一村民としてできること」を模索し退職。
2011年小谷村の自宅にて築150年の古民家を宿とした「古民家ゲストハウス梢乃雪」、大町市中綱集落にて2014年より2号館「ゲストハウスカナメ」を開業。
「これからは田舎が熱い!!」日本全国の田舎好きと田舎を繋ぐ人となるべく。毎日遊ぶ様に働く日々を過ごしている。

関連記事

  1. LODECブログ_水道凍結防止 【お役立ち】寒波到来!水道の凍結防止と対処まとめ〜水道管破裂なん…
  2. 伊那谷オープンカフェ すてきでしょ? 伊那谷 Open CAFE ! 地元の風景や素…
  3. 子育て 地方で結婚し、子どもを産むこと
  4. th_縁側で朝食を⑤ 【ニノさん】で縁側フェチ子の縁側ちゃんが梢乃雪の縁側を紹介してく…
  5. スイミーの演奏会_チラシ ファンタジック!バイオリンボーカルロックバンドswim meがゲ…
  6. 自然に近いところで自然な生活をしたくて大町移住を決意しました 自然に近いところで自然な生活をしたくて大町移住を決意しました
  7. 道祖神 小谷村中谷集落雪祭り【今年も開催できました】
  8. th_立山プリンスホテル建物全景 <募集終了>※※個室寮有り※※立山プリンスホテルで即日勤務【大町…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

  1. 明けましておめでとうございます。小谷に魅せられ、37年前から毎年小谷に通っている者です。この頃は年に4回季節毎に行くようになりました。雨飾荘が定宿で、冬はサンテでしたが宿泊料が上がりすぎて、カエルの学校が定宿になりつつあった矢先に大変な事になってしまいました。冬の雪がネックで小谷に移住する勇気も気力も無く、旅人として小谷の人と自然を訪ねる事に徹しています。やまつばき近くの柴田さんや山崎敏子さんは旧知の仲です。最近Twitterで梢乃雪を知り、毎日楽しませていただいております。蛍をはじめ、小谷で活躍されている山村留学卒業生の皆さんにエールを送りたい気持ちでいっぱいです

    • たつみかずき
      • たつみかずき
      • 2015年 1月 11日

      立木さん

      コメントありがとうございます!
      梢乃雪のたつみと申します。
      明けましておめでとうございます。

      なんと、37年も?!
      現在の小谷村の第一線で活躍されている血気盛んな70代の先人の若かりし頃。
      その頃の小谷村の景色、ぼくも一度みてみたいものです。

      そうでしたか。
      カエルの学校は、私の小谷の家であり、地域で共に暮らす素敵な方が運営される宿であり。
      遊びにいったり、ご飯を食べにいったり。
      思い出の場所に、そうやって足を運べることが私はとてもとても嬉しかったのです。
      今回の地震の件は、本当に残念でなりません。
      とは言っても、時間は後戻りしないので。
      前を向いてできることを少しずつ積み重ねていこうと思う次第です。

      旅人として、小谷村に今後も是非足をお運びください。
      地震のあとでも。
      自然は変わらずに当たり前に雪を降らせ。
      一面を真っ白に埋めております。
      この景色がまた美しい。
      雪の積もる集落の景観は地震があったことなど嘘の様にみえるのです。

      この度は暖かいコメントをいただきありがとうございました。
      立木さんにとって今後も小谷村が魅力ある場所であれば幸いです。
      そして、そうであるようにぼくたちも尽力していきます。

Pick UP

th_縁側で朝食を⑤ 【ニノさん】で縁側フェチ子の縁側ちゃんが梢乃雪の縁側を紹介してくれました!

2016年4月24日に放送となった日本テレビ系列【ニノさん】において、<縁側フェチ子>として縁側の魅…

梢乃雪我が家 帰る。家

「帰る。」ということを考えました。私にはいま、たくさんの家があります。梢乃雪も、ゲス…

botton
  1. lodec1%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%81%ae%e6%8c%af%e3%82%8a%e8%bf%94%e3%82%8a2016
  2. 改修メンバー
  3. カナメスタッフのえるとこーちゃん
  4. frespo-1
  5. LODECブログ_水道凍結防止
  6. 201608021119
  7. th_P1290427
  8. lodecブログイメージ_来年も永いおつきあい2015年
PAGE TOP