LODEC Japan > ブログ > その他 > 【移住して地域おこしちゃえば!?】はじめまして!LODEC Japanのバイトリーダー(笑)のカワタです。

【移住して地域おこしちゃえば!?】はじめまして!LODEC Japanのバイトリーダー(笑)のカワタです。

2016.01.26

どーも、はじめまして。

LODEC Japanのある大町市のお隣「池田町」に地域おこし協力隊として東京から移住してきました、カワタと申します。LODECでの私の称号はバイトリーダー(笑)。

いや、実際にバイトしてないんですけどね…バイトリーダーばりの気の持ちよう!そして身のこなし!何をやってるかというと、主にはシェア&コミュニティハウスmetoneの管理運営をしております。面白い経験をさせてくれるLODECに自ら巻き込まれていってます。。。

いや~もう1年半ですわ。。こっちに移住して来て。

地方への移住者というと、みなさん結構目的があったりします。小さい頃から田舎暮らしに憧れてたり、消費社会に疲れて農的生活がしてみたかったり、まぁ人それぞれですが。。。

でも僕、目的あんまりなかったんです。何かしたいゲージがたまたまいっぱいになって、やったことないことしたいと思ってフィールド換えようって思ったのが正直なところ。それが何なのかとか、具体的に煮詰めたりとかは全然してないんです。

その頃山登りがマイブームで、山の近くがいいな~なんて思って長野県になっただけでして、「なんで池田に来たの~」なんてよく聞かれるのですが、理由はほぼ無いんです。強いていうなら、写真で「綺麗そうだったから…」ぐらいで(笑)

それぐらいのシャバシャバにゆるい気持ちで移住しちゃってます。

地域おこし協力隊員です。臨時公務員やってます。

とは言っても、仕事がないと来れないじゃないですか。フリーランスで食っていく技術とか持ってないですし。

僕は「地域おこし協力隊」という制度を使っております。普段公務員です。

どーいう制度か、平たく言うと地域の課題解決とその土地への定住を目的に移住したい人人材がほしい自治体のマッチング事業。3年間は費用を全部、国で持ちますってのが最大の強み。ネーミングセンスはさて置き、移住のハードルが下がる良い制度なんです。

地域おこしの制度についてや、僕が協力隊としてしているあ~んなことこ~んなことはまた別の記事で書こうかなと思います。。。

なので、なんとか食っていってます。

自分のいる地域が楽しくあってほしい。

たくさん人がいて、それぞれが好きなことやってて、あっちでもこっちでもわんちゃかしている。どこに行っても何かが起こって、自分もその登場人物になってしまう。そんなサムシングハプンズの世界が好き。

だからこの北アルプス山麓地域に、人口減少とか出生率とか消滅可能性都市とか関係なく、面白い人にどんどん来てほしい。棲家としてこのフィールドを選んで欲しい。

でも…移住ってそんなに簡単じゃぁ……うん。でもこっち、おいで

LODECの掲げる「退路ある移住」。僕の言葉で言うと「コンビニエンスな移住」。田舎への移住の高いハードルをどんどん下げていく行為。「こっち、おいで。」と言える為のすべてを創っていきたい。

metone集合写真_色補正

シェア&コミュニティハウスmetoneより発信。

だから、この地で「来る、棲む、働くを創る」LODEC Japanに首つっこんでます。笑

長くなってしまいましたが、ブログでは北アルプス山麓おもしろ情報から個人的なボヤキまでオールジャンルで発信予定。

ロデックブログ=LODEGでガッポガッポ目指します!

続きはこちら>>
【地域おこし協力隊】のリアルな現場!実際なにしてるの??

あわせて読みたい>>
<移住の一手段> 高い家賃と都会の生活費で消耗する生活をやめてみる
<移住の一手段(2)>シェアハウスを2拠点居住の拠点にしてみる【metone】

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム