LODEC Japan > ブログ > その他 > 【寒波で凍結】水・お湯が出ない… シャワーが出ない… の顛末記

【寒波で凍結】水・お湯が出ない… シャワーが出ない… の顛末記

2016.01.27

全国的な寒波で水道が凍結!

九州で雪が降るほどの寒波が来た今週末の日本列島。

ここ大町にも強烈な寒波が押し寄せ、連日朝の気温が氷点下10度以下・・・、大町でも雪かきに追われました。北海道育ちの私は「雪かきといえば俺だろ!(笑)」と気合を入れて、自分の家とmetoneの雪かきを頑張りました。ただ、水道のことは何も考えていなかったのです・・・。

というのは、私自身は北海道育ちではあるものの、実家は新しめの家で凍結対策がされていて家を数日留守にするときに水抜きをするくらいで日常的な対策をしたことがなく、また現在の大町での自宅は賃貸アパートなので水道凍結の心配がほとんどないので(集合住宅だと、お互いの部屋の暖房の効果があるので)、ほとんど水道について心配していませんでした。

ただ、ここmetoneは古い家をDIYしたお家なので、どうしても水道に影響が出てしまいます。

家の中でも氷点下

何が起こったかというと、一番ひどい状況のときでシャワー2部屋・洗面台1台(もう1台は大丈夫でした)・台所の水とお湯が出ないという状況・・・(苦笑)。

DSC01377_R

一番酷いときは、この蛇口からツララが出てたんですよ(笑)。つまり、朝は家の中まで氷点下。

ストーブで暖める・・・!

こうなると地道に溶かしていくしかありません、凍った箇所を。

DSC01378_R
シャワールームはストーブを入れっぱなしで半日ほど暖めました。

台所は台所下の水道ホースをヒーターで暖めました(お世話になっている施工屋さんにやってもらいました)。

さらに今回はこれだけでは復旧できず、外に設置しているボイラー回りの水道管も暖めてやっとのことで復旧。

凍結していた影響で、一部のパッキンがやられてしまいました(ポタポタと水が漏れている・・・)。水道凍結の場合は、早く対処しないとパッキンが壊れ、さらには水道管自体が使えなくなる(つまり破裂)可能性があります。

今回の寒波で、私自身、雪かき対応で満足してしまい水道管の状況が悪化・対応が後手に回ってしまって反省しきりです。寒くなればなるほど、水道管に水・お湯の流れを作らないと凍ってしまうということを実感しました。使い方の対策とともに、今後同じことに凍った場合に迅速に暖めることができるような対策を、DIY番長:しんごさんにやってもらって、より安心して住める場所にしようと思います。

いろいろありましたが、今日は気温が上がるみたいなのでやっと一段落つきそうです。今回の対応を通して、水道(特にお湯)のありがたさを感じた数日間でした。

皆さんも気をつけてくださいね。

※大町市街にあるmetoneより寒い中綱湖にあるゲストハウスカナメの様子(去年の記事)
シャワーが出ない!【寒冷地の水道管】

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム