LODEC Japan > ブログ > ニュース > 求人情報 > <移住の一手段> 高い家賃と都会の生活費で消耗する生活をやめてみる

<移住の一手段> 高い家賃と都会の生活費で消耗する生活をやめてみる

2016.02.03

信濃大町駅からほど近い空き地(東洋紡の工場があった場所)に、
今年4月「フレスポ大町」という名前の大型ショッピングモールができます(現在建設中!)。
大和リースが全国展開するショッピングモールなので、このブログをご覧の方で「近所にあるよー。」という方がいるかもしれませんね。大町にはショッピングモールがないので、大町市民はもちろん近隣町村の方も含めてどんなテナントが入るんだろう?と興味津々です。

201602030839

現在建設中

大きなショッピングモールができるということは・・・、雇用が生まれる!!

大きなショッピングモールができれば当然のことながら雇用が生まれるわけで、昨年からハローワークや新聞で募集がされています。つい最近も当事務所の愛読新聞・大糸タイムスに募集広告が出ていました。
時給が一覧表になっていてわかりやすい広告です。説明会や面接は随時開催しているそうです。
DSC01383_R

時給が一番安いと800円、一番高い時給だと950円。
都会の時給と比べると安いです。でもここは大町! というわけで・・・。

実際に生活できるだけの稼ぎになるのか考えてみる。

最低時給の800円で、最大1日7時間のルールいっぱいの時間で働いて週5日勤務・月22日働くと仮定すると・・・、

月収が123,200円。手取りは大体8割くらい残る前提で10万円くらい確保できそうですね。

いやいや、これじゃ暮らせないでしょー!と考える人が多いはず、でもここは大町。そしてこれを書いているのは、LODECの走る金庫番または金の亡者(笑)と言われるきむさんです。勝算のないことは書きません!

フレスポ大町はmetoneから徒歩5分もあれば行ける場所。つまりクルマがなくても「出勤できる&たいていの買い物もクルマなしで済ませられる」という位置関係です。はい、勘のいい方はもう気づいているはずです(笑)。metoneに住めば、ここのバイト収入だけでも大町で生活できます!

metoneの家賃は約3万円。

家賃には、水道光熱費/Wi-Fi使用料/設備機材使用料/米及び調味料等の共有食材/火災保険/建物修繕費及び機材購入費積立て金/雑費(共有の生活用品/地区会費等)が含まれます。
家賃約3万円以外で生活する上での必須の出費は、自分の食事代や個室の暖房費くらいしかありません。(詳しくはこちら(シェアハウスmetoneのページ)をご覧あれ)

家族持ちの方には「おいおい、そんな簡単に言うなよ!」と言われてしまうと思いますが(;^_^A、シングルの方だったらなんだか移住できそうな気分になってきませんか?

都会で朝から晩まで必死に働いても頑張って稼いだお金がコンクリートジャングルの中のお部屋の高い家賃に消える人生を一転させて、ここ大町で稼ぎは少なくても自然のすぐ近くで安い家賃で生活する人生に切り替えるのはいかがしょうか。

今回の例はものすごくわかりやすくしたざっくりなケースではありますが、今回説明した通り、LODECではシングルの方の田舎暮らしはハードルはさほど高くない!と考えています。もちろん簡単なことばかりではないですが、この記事を読んで少しでも興味を持った方、すぐに連絡をください。そして実際にこの地域を見て回ってください! きっとここにまた来たくなって、そのうち都会に戻りたくなくなって(笑)、ここで新しい人生を切り開こう!という気持ちになります。お越しになったからといって無理に移住をお勧めしたりはしませんので(笑)
ぜひお気軽にお問合せやご訪問いただければと思います。この地域での生活の良さや現実を精一杯説明させていただきます。

あわせて読みたい>>
【4月21日オープン!】デリシアのフレスポ大町移転までもう少し

<移住の一手段(2)>シェアハウスを2拠点居住の拠点にしてみる
<移住の一手段(3)>スキルを活かせる仕事を見つけ出して大活躍する!

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム