LODEC Japan > ブログ > その他 > 役場・市役所が何をやっているかわからない?→そんなときは・・・

役場・市役所が何をやっているかわからない?→そんなときは・・・

2016.03.03

調べればいいのです!(笑)
ネット上でも意見募集・パフリックコメントを求めていますし、ネットがみれなくてもそれらは公民館等で閲覧が可能です。また住民説明会等も適宜開かれています。

今は便利なインターネット社会。世界中どこにいても、日本語対応のPCであればいろいろなことが調べられます。どれくらいのレベル感かというと市議会での市議さんから市役所への質問を市役所の方の代わりに自分で回答することが可能なくらいです(笑・一部の人にはわかるブラックネタ)。

大町市のホームページを実際に見てみよう

大町市の画面キャプチャです。「閲覧方法」の欄には市役所や関連する支所や公民館でも閲覧できることがあります。

意見募集

そのときの条件によりますが、きちんと市役所としての回答が公表されます。
意見開示

住民説明会も開かれます。このときは、人口ビジョン及びまち・ひと・しごと創生総合戦略という、今後のまちの将来に関わる内容だったので、市長以下の市役所幹部の皆さんが各公民館を回って説明してくれました。
DSC01405

DSC01403

というわけで、情報を得る手段はかなりあります。
市役所も人手ごった返しているという状況ではないので気軽に質問できます。また、大町市のようなさほど大きくない町では市議会議員さんも身近な存在なので、個別に連絡をとれば丁寧に市政の状況について教えてくれます。(私はたくさん教えてもらっています)

大町市に来るまでは大都市ばかりに住んでいたので、地方政治が逆に遠い存在に思えていましたが(個別の地名を言われてもわからなかった(苦笑))、今はどこの何の話しなのかがよくわかり聞くたびに身近な問題だな~と思っています。

自分の住んでいるまちをより良くするために個々人が積極的に行動を起こすのが理想なのでしょうがまずは知るところから。また引越しを検討している方であれば、興味のある地域のことを知るためにも行政のHPチェックはとても有効です。

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム