LODEC Japan > ブログ > ブログ > LODECの活動 > 映画【ひるなかの流星】の、ロケ地に古民家ゲストハウス梢乃雪がなりました!聖地巡礼なるか?!!

映画【ひるなかの流星】の、ロケ地に古民家ゲストハウス梢乃雪がなりました!聖地巡礼なるか?!!

2017.03.23

長野県北アルプス山麓地域を拠点に「地域と人を繋ぐ」を生業とするLODEC Japan合同会社の名ばかり代表たつみです。

来たる3月24日(金)より全国ロードショーとなる映画【ひるなかの流星】

“初恋のバイブル”として絶大な人気を誇る、累計212万部突破の大人気コミックが、待望の映画化!
という、「初恋」と「三角関係」をテーマとしたキラキラ系少女マンガが原作のこの作品。

「地域活性」をテーマに「ゲストハウス」「シェアハウス」の運営などを行う(他、制作/イベント企画などのよろず屋)田舎系弱小企業と、田舎人な仲間たちには縁もゆかりもない作品ではありますが。
なんと実写化!!に伴い、私たちが運営する【古民家ゲストハウス梢乃雪】が、ひるなかの流星の、ロケ地!!になってしまいました。

「え、聖地?!巡礼?!!」
などと、田舎人らしく純粋に浮き足立つ私たちでございます。笑

ひるなかの流星

Basic RGB

【ひるなかの流星】
2017年3月24日/全国東宝系にてロードショー

【キャスト・スタッフ】
永野芽郁 三浦翔平 白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)
原作:やまもり三香「ひるなかの流星」(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:新城毅彦 脚本:安達奈緒子

【イントロダクション】
“初恋のバイブル”として絶大な人気を誇る、 累計212万部突破の大人気コミックが、待望の映画化! 主人公・与謝野すずめを演じるのはドラマ、映画、CMなど 話題作への出演が相次ぐ2017年注目度NO1女優・永野芽郁。
そしてティーンからの絶大な人気を誇る三浦翔平と 白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)の2人が、 担任教師とクラスメイトとして、 すずめを交えて“かつてないピュアな三角関係”を繰り広げます。

メガホンをとるのは『潔く柔く』『四月は君の嘘』で 青春恋愛映画の新たなスタンダードを創り上げた新城毅彦監督。
はじめて人を好きになった瞬間。はじめての告白。 はじめての失恋。そしてはじめての・・・
誰もが経験する「初恋」のすべてが詰まった ≪胸キュン度200%≫のラブストーリーが誕生します!

【ストーリー】
田舎育ちでまだ恋を知らない女子高生・与謝野すずめは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師・獅子尾に、今までに経験したことのない想いを募らせていく…
「わたし、先生のことが好きです」。

すずめの真っ直ぐな気持ちを受け止めながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。
そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。
果たしてすずめの初恋の行方は…?

ロケ地になった、梢乃雪

なにもない。が、ここにある。

長野県最西北小谷村-OTARI-
THE!日本のど田舎/北アルプス山麓のスノーリゾート地。
二つの顔を持つ人口3000人の愛すべきど田舎です。

小谷村の中でも、観光地でもスキー場周辺でもないど田舎集落の、築150年余の古民家を2011年より【古民家ゲストハウス梢乃雪】として運営を開始しました。

「田舎の入口」であり、「宿ではなく、家」
梢乃雪は、田舎を求める人々が集まるお家です。

th_夏と女子旅
「大人の夏休み」満喫中。学生/OL、日本中から「旅女子」が集まる

th_南小谷_大糸線の車中
1両ワンマン電車やバスを乗り継ぎ宿を目指す。北アルプスを眺める車窓からは、湖や森や田園風景を愉しめる。

th_IMGP7990
山と山。自然まみれの純度100%な日本の原風景が迎えてくれる。

th_囲炉裏で乾杯
囲炉裏で乾杯!地元の米/野菜/山菜など、その時期にしか食べられない食材が食卓には並ぶ。

th_夜BBQと乾杯
夏はBBQな夜会が賑やかに繰り広げられる。

th_縁側の哀愁②
めちゃくちゃ気持ちいい開放感抜群の縁側が自慢です。

th_IMGP7625
車で15分も走れば、どこもかしこも国立公園。標高1200mの湖で朝活を行なっています。

th_IMGP9386
秋の紅葉。知る人ぞ知る紅葉の名所。知る人ぞ知るパワースポット。「鎌池」

th_冬の景色_埋まる軽トラ
冬は全てを雪が覆う豪雪地帯。

th_薪ストーブでお話
雪に埋まった古民家の玄関では薪ストーブが暖かさを分けてくれる。

ひるなかの流星の撮影風景

LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影4

ひょんなことから、こんな田舎の我が家が、全国ロードショーとなる映画のロケ地になりました。
これは大変な驚きで、大変名誉なお話ございます。

述べ5日間に渡り、準備〜撮影が行われました。
これまでに様々な取材をしていただいている我が家ですが、これほど大規模な撮影は初めてのことで、ど素人感丸出しで撮影現場に目を輝かせて同席させていただきました。

いつもゲストさんと夕食を食べる囲炉裏のお部屋にモニターが設置され、監督さんはここから撮影現場に無線で指示を出しておりました。

LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影7

あいにくの天候でしたが、たくさんのスタッフさんのケータリング用の飲み物やお菓子などが並べられておりました。

LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影9

ワンカットを撮影するのにこんなに時間がかかるんだ!
というくらい、何度も何度も同じカットを撮り続けています。
スタッフさんの人数が多くて、床が抜けないかが心配でした。笑

LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影1
LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影3
LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影2

いつもはゲストさんの宿泊部屋となる縁側のあるお部屋に造られたセット。
主人公の与謝野すずめの自室のセットが造られていておりました。

ドミトリー

このセットは、普段こんな感じです。
何にもない開放感半端ない和室なのですが、セットが組まれるとまるで別世界!
設定的に2階となっているのですが、確かに窓が造られると2階にいるような感覚でした。

LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影5

外から当てられた照明の光量がすごかったです。
劇中で、主人公の友人が主人公の自室に泊まった朝のシーンがあるのですが、そのシーンの朝の日差し感がすごくリアルでした。

LODECブログ_ひるなかの流星梢乃雪撮影10

と、撮影の最中は浮き足立ちながら見学をさせていただいた次第です。

主人公 与謝野すずめ役の永野芽郁さんとお話をさせていただきましたが、初々しくて愛想がいい素敵な女性でございました。
私たちの知らない世界と関わらせていただき、とても刺激的な時間となりました。

今回の梢乃雪で撮影された場所は、客室/居間/台所/玄関 と、様々なシーンでご利用いただきました。
主人公の自室/実家などのシーンで使われるのだそうです。

3月24日(金)〜全国の映画館で見ることができますので、是非是非、胸キュンな映画をお愉しみいただければと思います。
どこかしらで我が家も少しばかり登場するので、こちらもあわせお愉しみくださいね♪

そしてそして!!
撮影の記念に、主人公のすずめちゃんの自室に飾ってある「とあるもの」を、梢乃雪に贈呈いただきましたので、映画公開後より展示させていただきます。
贈呈されたものは、魚好きなすずめちゃんの(撮影に挑むために全巻読んだ。笑)自室はあちこちに魚関係のグッズがいっぱいで、原作にも出てこなかった細かい設定(多分映画内でも語られることはない)が垣間見えるものものです。

是非、長野県のど田舎にも、聖地巡礼!!笑
していただければと思います。

tatsumi_%e9%b7%b9%e7%8b%a9%e5%b1%b1%e9%9b%b2%e6%b5%b7-2

それでは、全国のスクリーンで!
もしくは、北アルプス山麓で、お逢いしましょう♪

たつみ

hirunaka_pos_ol

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム