LODEC Japan > ブログ > 仕事 > 遊ぶように働く > 【お知らせ】LODEC Japanの3年目!!2017年度開始にあたってのお知らせ‖正直、「会社」なんてどうだっていい。

【お知らせ】LODEC Japanの3年目!!2017年度開始にあたってのお知らせ‖正直、「会社」なんてどうだっていい。

2017.04.01

春が顔だしたと思ったら、なごり雪がチラチラと舞っている北アルプス山麓よりこんには。
「地域と人を繋ぐ」LODEC Japan合同会社のたつみです。

「地域に‘来る’ ‘棲む’ ‘働く’ を、創る。」
そんなことを言い始めたのが2015年の年明けくらいから。
「会社」というものを設立したのは2015年4月で、それから2年が過ぎようとしている訳です。

この2年間、あなたと同じく、本当にいろんなことがありました。
紆余曲折。平坦ではないことばかり。
そりゃそうだろう!!と理論的にはわかっていても、やはり何かが起こるとテンパることこの上なし。笑

それでも。
振り返るといつもその場面には、誰かがいて、あなたがいた。
いつも思うことは、素直でも素直じゃなくても同じで

「ありがとう。」

この言葉しかないのです。
これまでも、これからも。
そうやって「あなた」と共に、同じ世界で、同じ時代を生きている。

こんな幸せなことはない。

いつも前ばかり向いて振り返ることを忘れているけど、改めて始まる今日をちゃんと始める為に。
これまでのことを振り返る日にしたいと思うのです。

これまで、本当にありがとう。
そして、これからも宜しくお願いします。

長野県の左上の北アルプス山麓より、愛を込めて。
さぁ、新しい今日の、はじまりはじまり。

tatsumi_赤に染まる北アルプス

お知らせ_2016年度までのこと

tatsumi_LODECブログ_阿部知事とのティーミーティング
阿部守一長野県知事がティーミーティングで梢乃雪に御来村/地域での活動や県としてできることなどの暑苦しいお話を結構ガチでした。知事の考え方が素敵だった。

2年目のLODECは、これまでのゲストハウス運営やweb制作のお仕事にプラスして、イベントの企画や事務局業務など、地域に関係したお仕事が舞い込んでくるようになりました。
「地域のよろず屋」的なポジションとして認識され、「とりあえずLODECに相談しておこう。」そんな温度感であったと思います。

1年目は全然入居者がいなかった【シェア&コミュニティハウスmetone-信濃大町駅前ハウス-】も、2016年5月以降どんどんと入居者が増え、秋には204号室が2拠点居住者(東京在住者/近隣在住者)が複数人で1部屋を「ルームシェア」するという、新しい暮らし方の可能性を感じる出来事が起こりました。

順調に入居者が増えていき、年度末には5部屋しかない家に7名が住み込む!という事態に発展。笑
1年目では見えなかった「地域での暮らし」にシェアハウスの存在は有効だ!!という結論にたどり着きました。

2016年度のお仕事あれこれ

tatsumi_LODECブログ_山麓クリパ_集合写真
企画実行〜チームビルディングのお手伝いをした、山麓地域の行政職員が実行委員会を結成して開催した【北アルプスasobiプロジェクト/山麓クリパ】集合写真。

2016年度のLODECはこんな感じでした>>
検索 2016年は大変お世話になりました!!地域と人を繋ぐLODEC Japanの1年間の振り返り

たくさんのお仕事をいただき、カラフルな日々を奔走させていただきました。

執行役員木村が退任&新会社設立

tatsumi_LODECブログ_ロゲイニング_HP用撮影
昨年秋に委託開催を行なった【OMACHIロゲイニング】のHP用宣材写真の撮影での一コマ/被写体は「走る金庫番」きむさん

LODEC執行役員で「走る金庫番きむさん」こと、木村が2016年度末をもって退社しました!

理由としては、元々スカイランニングなどの山岳スポーツを趣味として木村が、LODEC事業として行なっていたスポーツ関連事業(トレイルランニング/ロゲイニング他)を専門に行う新会社の設立を行うこととなった!からです。

それに伴い、LODECのスポーツ関連事業は木村が設立する新会社に移管する運びとなります。
きむさんにはLODECの会計業務〜契約業務などの中側のお仕事をこれまでお願いしていましたが、きむさん自身も「やりたいこと!」を生業として追求していくことになるのです!!

なので、私たつみ、本日より一人社長ということに相成りました!!
きむさんに頼りきっていたことが多々あるのでとても不安ではありますが、私は私できむさんに負けないように邁進していく所存です。

お知らせ_2017年度のこと

tatsumi_LODECブログ_metoneイメージ林屋_Fbカバー3

さぁ、始まりました新年度!!
そして3年目のLODECです。

上でもお知らせしたように、執行役員であった木村が退職することとなり、LODECの「社員」というポジションは私たつみ一人となりました。
不安はたくさん。それでも、梢乃雪/カナメ含め、LODECには社員という形ではない「仲間」がたくさんです。
きむさんも別会社社長!!ではありますが、変わらずに相互関係を継続していきます!

あくまで「会社」は、形であり箱であり、名前である。
私はそう考えています。

LODECが求める理想は「個々の経済活動の集合体」
地域での「生業」を持って暮らす一人一人と繋がることにより、小さな力が集まる大きな集合体となる!ことを目標としています。

その為、LODECである!LODECではない!!
そんなことどうだっていいのです!!!

一人一人ができること/やりたいことを本気でやる。
一人一人の集合体こそが「地域」である。
と、私は考えます。

なので、私自身も心機一転、新しい気持ちで自身がやるべきこと/やりたいことに本気で取り組んでいきます。

盛りだくさんな2017年の始まり

tatsumi_LODECブログ_林屋集合_施行中のリビング
本日2017年4月1日からプレオープンを開始した【シェア&コミュニティハウスmetone-林屋旅館-】のリビングスペース/プレオープン!と言ってもまだキッチン〜リビングの改修を行なっているところ。1年かけて家全体の改修をシェアメイトを混ぜて行なっていく。

○シェア&コミュニティハウスmetone-林屋旅館-
・2拠点居住を可能にする移住窓口機能を持ったシェアハウス
・地域の世代間交流が生まれる「まちなかローカル公民館」

二つのテーマを持った、地域のたまり場となる2軒目のシェアハウスが本日2017年4月1日〜プレオープンとなりました!
と、言っても現在もまだまだ改修作業真っ只中!(間に合いませんでした。笑)
それでいて、既に3名が入居しております。笑(2階に臨時キッチンがあるので生活はできる状態になっている)

林屋旅館開業に伴い、「metone」と呼んでいた1軒目は「シェア&コミュニティハウスmeotone-信濃大町駅前ハウス-」と名称を変更しました。

駅前ハウス=5部屋/林屋旅館に=7部屋
合計12部屋の暮らすことができるシェアルームが、大町市街地にできることになります。

「移住」とか「2拠点」とか。
これまでは困難だった「新しい暮らし方」を、これからも考える場所にしていきたいと思います!

想いとか経緯とか、諸々については以下のリンクよりご覧ください>>
【2拠点居住対応】シェア&コミュニティハウスmetone-林屋旅館-

○北アルプス国際芸術祭2017
tatsumi_LODECブログ_北アルプス国際芸術祭100日前
2017年6月4日〜大町市内全域をフィールドに開催される【北アルプス国際芸術祭2017】開催100日前セレモニーでパスポートを披露した大町市長。

今年は私たちの活動拠点大町市で【北アルプス国際芸術祭2017】が開催されます。
LODECは芸術祭のweb制作/ブログ制作を協働しています。

私は4月から開催終了までを公式ブロガーとして芸術祭を追い続ける!!という予定です。
この北アルプス山麓地域をフィールドとして行われる芸術祭を通して、これからの地域を変革させてしまうような人々の力が生まれるのでは?と私は感じています。

この目で、私も地域でこれから起こることをしっかりと見つめていきたいと思います。
いや、すげえ愉しみなんですよ、これが、、

○その他
tatsumi_LODECブログ_北美咲ちゃん撮影-7
1年前の今頃、愛車を手放して手にしたカメラで北アルプス山麓地域の「田舎リア充」「半径3mの美女写真」などをテーマとして、地域と瞬間を切り取っています。素敵な被写体募集してますす♪

おかげさま様で、どうにか「生きてはいける!」程度のお仕事はいただけています。
写真/イベント企画/プロモーション/講演などなど、、
12月いっぱいくらいまでのお仕事は目処がつきそうな現状です。(ほんとに?!ドッキリにはめられているんじゃないかという不安もある。笑)

そうは言っても、バシバシ働きます。
いや、本気で遊びます!!

たつみかずきのご用命は、どうぞお気軽に♪
このページの下の方に、現在募集中のお仕事を記載しています。

【脱皮】羽を広げて生きる2017年

tatsumi_LODECブログ_梢乃雪_快晴の集落-31

正直、「会社」とかどうでもいい

「どうしてご商売を始めたんですか??」 なんて質問をされるんです。
私はその度に考えます。そして、こう答えます。 

「商売」も「会社」も、ただの「手段」でしかない。と。

「俺、ゲストハウスやりたいんです!」
とお話しされる方とよく出逢います。

その度に「どうしてゲストハウスをやりたいのですか?」と、私は聞き返します。
そうすると、自信を持って「こうだ!!」と答える方は、あまり多くありません。

「金持ちになりたい!」も「会社をおこしたい!」も。
上に同じで、「なんで??」が見えずにいる方が多い気がするのです。

私は正直、「会社」とかどうでもいい。
と、本気で思っています。

私がやりたいことは「会社」なのではなくて
「自身のふるさとが、自分の生きている間『ふるさと』であり続けて欲しい。」
という想いを、具現化すること! なのです。

私の心のふるさと「小谷村-OTARI-」は人口3000人の豪雪地帯のど田舎です。
この地域が私の全ての原動力。
ふるさとが未来、ふるさととしてあり続けることは結構難しい。
そんな状況の地域なのです。

2009年に関西から小谷村に移り、暮らし、ずっとずっと考えてきたんです。
「どうすればいいんだろう??」を。

その結果。
私は自身の家である古民家を「田舎の入口」として、ゲストハウスの運営を開始したのです。
この地で「暮らす」為の「生業」を創る為に。

それから、話はこの記事の冒頭に戻ります。
私はこのLODEC Japanという「会社」を設立しました。

やりたいことは山のようにあるんだよ。

それらを実行する為の「会社」という傘。
その下で、私と同じように暮らす為の生業を創造する仲間を集め始めました。

人が集まり、仕事が集まり。
食えるようになってきた頃から、なんだか大義名分でやることが増えていきました。(ごくわずかなんだけど)

自分自身の「立場」を考えるようになりました。
めちゃくちゃ愉しい日々の中のほんの少しだけの時間、大人の事情に振り回されるようになりました。

「それが仕事だ。」
と言ってしまっている自分がいたんです。

まぢで、糞食らえ!!

誰の為に仕事してるんだ? 自分のためだよ!!
ってシンプルな答えに躊躇する自分がいたんです。
「手段」であるはずの会社が「目的」になりつつありました。

「それが仕事だ。」
なんてことを言わないで生きていきたい。
そんなことを考えるようになりました。

だから、そうすることにしようと思います。
いや、そうします。

明日、生きていけるのか?!_アイキャッチ

2014年1月。
雇われ業からの離脱を図り明日が見えない当時の私は

「楽しいこと以外やらない。」そうやって生きていくことだけ、決めました。

なんてことを文字にしたのです。
なんだかんだでいまも、生きてます。

今日から私は一人だけの社員の会社を運営します。
めっちゃ身軽!!

だから、これからの仕事に、大人の事情も大義名分も必要ありません。
自分がやりたい/やるべき仕事は

・お金になること(もしくは自身の利益になること)
・愉しい!と本気で想えること
・‘誰か’の‘なにか’に変わること
この3つが揃うことだけを仕事にしていきたいと思います。

最高に面白いこと/最高にワクワクすること/最高にクリエイティブなこと、始めます。

なので、これからも、私たつみかずきを 何卒!!
ご指導ご鞭撻ご贔屓の程、よろしくお願いいたします!!
いつでも私には「あなた」が必要なんだからっ!!!!

tatsumi_LODECブログ_ぐるったカンジキハイク-186

ここまで読み終えたあなたは強者!!
約5000文字に渡り、2017年度の始まりの【脱皮】宣言をさせていただきました。笑

かかってこいよ未来。
最高に愉しみ倒してやるからな。

ジョインしたい方はリアルタイムに参戦可能。
大義名分を何処かに置いて「この指とまれ」
いつだって私は、あなたを北アルプス山麓地域へと誘います♪

2017年度の明日へ

つづく

あわせて読みたい>>
【たつみかずきの自己紹介2017年2月17日現在】改めまして初めまして。LODEC Japan LLC CEOのたつみです。笑
「楽しいこと以外やらない。」そうやって生きていくことだけ、決めました。(storys.jp)
映画【ひるなかの流星】の、ロケ地に古民家ゲストハウス梢乃雪がなりました!聖地巡礼なるか?!!
たつみかずきの明日、生きていけるのか?!はじまる。

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム