LODEC Japan > ブログ > ブログ > LODECの活動 > <イベント告知>北アルプス シェアごはん二次会 in 北アルプス〜北アルプスの食卓で逢いましょう〜

<イベント告知>北アルプス シェアごはん二次会 in 北アルプス〜北アルプスの食卓で逢いましょう〜

2018.10.12

北アルプス シェアごはん二次会 in 北アルプス山麓 〜北アルプスの食卓で逢いましょう〜

「地域を知ってみたい。」
「地域とつながりを創りたい。」
そんなことを考えたことはありませんか?

この北アルプスシェアごはんは、その名のとおり
「ごはん会」です。

10月21日東京銀座で開催された
北アルプス シェアごはん一次会 at 銀座NAGANO〜地域と「つながる」銀座の食卓〜

に続いて開催される【北アルプスシェアごはん二次会】は、実際にぼくたちが暮らす愛しき北アルプス山麓大町市で開催です!!

銀座で出逢った皆さんと、地域で暮らす人達と、当日大町市で開催されるイベントの関係の大学生と。
北アルプス山麓現地で開催されるシェアごはんには、「地域が詰まっている」のです!!

This is 北アルプス_北アルプス振興局魅力発信映像(LODEC製作)


北アルプス振興局(長野県出先機関)移住用PR動画/地域映像と7名の移住者インタビューが収録されている

まずはこちらの映像をご覧ください!
こちらは昨年度この企画の主催者である北アルプス振興局さん主催で、ぼくたちが制作した移住用PR動画です。
北アルプス山麓地域のことを、まずはこの動画で知っていただければ幸いです。

概要


<北アルプス シェアごはん二次会概要>

日時 :2018年11月10日(土)
内容:北アルプス シェアごはん二次会
   〜北アルプスの食卓で逢いましょう〜
時間:18:00~21:30
   空家の学校 店舗開放10時〜
   空家の学校 まち歩き14時〜
場所:大町市旧ミヤハラ電気店(塩の道ちょうじや隣)
   >>ここだよ
   長野県大町市大町2576-1
            JR大糸線信濃大町駅から徒歩5分
会費:500円
     小学生未満無料(申込不要)
     小学生〜高校生半額(申込必要)

持物:一品持ち寄り(簡単なもの/お菓子などでもOK)/飲み物
参加:申込みフォーム

主催:長野県北アルプス地域振興局
企画:LODEC Japan合同会社

問合:info@lodec.jp(LODEC Japan長谷川)

ごはんについて>>
シェアごはんは毎回テーマの違ったごはんをみんなで作り、みんなで食べる!
という、至ってシンプルなご飯会です。笑

一次会は農園カフェラビットさんに出張していただきますが、二次会は参加者のみなさんからの持ち寄りと、参加者のみなさんにお手伝いいただき一緒に手作りでごはんを作ります!
(空家の学校で開放する空家で調理をしたいなーと現在調整中です。是非お手伝いお願いします!!)

開催場所_旧ミヤハラ電気店?!

北アルプスシェアごはん二次会は、元々電気屋さんだった空き店舗での開催です。
「え?!なんで電気屋さん?!!!」

についてを説明します。笑

この場所は大町市街地の旧塩の道街道本通りに建つ建物です。
元々電気屋さんとして運営されておりましたが、お店を締めてから数年。
空き店舗としてそのままとなっていた場所です。

大町市では現在「空家の学校」というプロジェクトが進行しています。
東大/信大/大町市/地域のおじちゃんおばちゃんたちが一丸となって、空家活用町づくり共同研究を勧めています。

今年で4年目になるプロジェクトで
地域の方々を交えて、地域に存在する空き家の洗い出し〜リスト化
そして、その空き家の所有者さんに、地域の方々が貸す/売るの意思を確認する!!
なんていうめちゃくちゃ率先的な動きを地域の方々がみせています。

そのプロジェクトに関係した電気店の大家さんが
「俺の店舗、空いてるから使え!!」

そんな話から、みんなで片付けて
現在地域のコミュニティスペースとなるべく新たな時間を刻み始めたのです!!

北アルプスシェアごはん二次会は、同日に開催される「空家の学校」プロジェクトのイベントメンバーも巻き込んで、このみんなで創り上げている真っ只中!!なスペースで開催するという運びになりました♪

空家の学校の「まちづかいチャレンジ」イベントが同日開催!!

北アルプスシェアごはん開催当日は、空家の学校プロジェクトの「まちづかいチャレンジ」イベントが同日で開催されています!!
町の中にある空き店舗4軒を題材として、それぞれのお家を10日〜11日に活用し開放しています。

4軒の空き店舗見学&歴史ある大町の古き良き町並み見学する「まち歩き」も開催されますので、お時間の許す方はこちらにご参加されると、大町を含めた北アルプス山麓の暮らしや文化にふれることができるかと思います。

空家の学校 店舗開放10時〜
空家の学校 まち歩き14時〜
北アルプスシェアごはん18時〜

それぞれの空き店舗には、イベント当日限定で店舗利用をした催しが開催されます!

リンクを開くとgoogleMyMapsにまとめた情報がご覧いただけます

A班>>元電気店(シェアごはん会場)コミュティスペースとしての什器製作ワークショップ
B班>>元蕎麦屋/高校生を中心とした「まちの寺子屋」
C班>>元雑貨店/地元高校美術部による展示とこたつ設置
D班>>元バー/昼=シェアごはん料理&町の映像放映 夜=バー営業

イベントスケジュール

シェアごはんの調理はD班の元バーで12時頃から行います。
(イベント開始時刻10時から清掃作業を行う)

みんなで食べる夕食を「みんなで作る」ので、お手伝いいただける方は元バーに顔を出してみてください^^

全体スケジュール
10:00
まちづかいチャレンジ開始

各班各店舗にて作業開始

12:00
シェアごはん準備調理開始(元バー)

14:00
まち歩き

17:00
まちづかいチャレンジ終了

18:00
シェアごはん開始(ミヤハラ電気)

20:00
バー営業開始(元バー)

20:30
シェアごはん終了

22:00
バー営業終了(元バー)

シェアごはんって、なあに?

シェアごはんは、通算開催数50回を超える「誰でも参加可能なごはん会」です。
ただただみんなで集まる理由を作って食卓を囲もう!というものです。

毎回テーマの違ったごはんをみんなで作り、みんなで食べる!
という、至ってシンプルなごはん会です。笑

企画団体であるLODEC Japan合同会社やその仲間たちが2014年から、地域の人をつなげることを目的として、毎月運営するシェアハウス(シェア&コミュニティハウス metone2号館 -林屋旅館-シェア&コミュニティハウス metone-芳仙閣-
や地域施設で開催を続けています。

毎回シェアごはんには10名〜20名程度の方が参加し、地域で暮らすジモティ/移住者/行政職員/商店街のおじちゃん
旅人/移住検討者/学生/誰かの友達

などなど
ボーダーレスでジャンルレスな「人が集まる」空間となっています。

シェア&コミュニティハウスmetone-林屋旅館-ではシェアごはんを始め、様々なイベントが開催されジモティ/移住者など多くの人が流動している。

ただ集まるだけのごはん会では、毎回おもしろい現象がおこります。
「え?!久しぶり!!」と、Uターンをしたジモティ同士が再会したり、はじめまして同士が週末の遊びの予定を考えていたり、そのまま星を眺めに行ったり、シェアハウスに入居する!決意をする人がいたり、地元の祭りに勧誘されたり、、

ただ、「人が集まる」空間には「地域のリアル」と「地域の情報」が詰まっています。

正直な話、多分日本中のどこだって素敵です。
それでいて、日本中のどこだって人口減少が進んでいます。

だからこそ「うちは素晴らしい!!」「うちに移住しませんか!!」と、日本中で声を大きくしているのだと思います。

それでも実際に、地域を知ることってなかなか難しい。
だから、このシェアごはんでは意識の高いこととか、台本のある美談などは一切用意いたしません。

「ただ、人が集まる」ごはん会。

【つながり、地域を知り、地域への好奇心が生まれる】
そんなことがあなたの中でおこるのであれば、是非一度、北アルプス山麓に足を踏み入れてみてください。

主催者である北アルプス振興局は、移住の話よりもっともっと手前の「つながり」を創ることに本気なのです。

二次会のお申込みはこちらです

>>参加申込みフォーム

一次会地域参加者が教える北アルプスのおすすめスポット

北アルプスシェアごはん一次会に参加した地域参加者の方から、この度「おすすめスポット」をアンケートで教えていただきました!
北アルプス山麓地域へ足をお運びの際のご参考に是非してみてください♪

リンクを開くとgoogleMyMapsにまとめた情報がご覧いただけます

こちらではまとめた情報をテキストで掲載さいております

LODEC Japanって??

最後になりますが、今回この会を企画運営させていただくのは
北アルプス山麓地域を拠点に「地域に’来る”棲む”働く’を、創る」LODEC Japan合同会社です!

「地域の入口」となる地域接点/地域のいばしょとなるノイエの運営/「地域の棲家」となるシェア&コミュニティハウスmetoneの運営/「地域の生業」となる地域事業を多岐に渡り仲間と実行しています。
詳しくは上記スライドをご参照ください。

それでは、北アルプスの食卓で、逢いましょう。

たつみ

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム