LODEC Japan > ブログ > ブログ > お役立ち > 電車を降りたいのに!【田舎のワンマン電車】

電車を降りたいのに!【田舎のワンマン電車】

2015.01.27

前回の記事「電車に乗りたいのに!

ほんの1歩、向こう側の世界に行きたいだけなのに。
目の前に私の進むべき道が見えるのに。
帰るべき集落が見えるのに。
なのに、なぜだろう。
その1歩が、どうしても踏み出せない。。

わたしの前に立ちはだかるもの。

電車のドア

電車の扉。

さっきは、ボタンを押せばすんなり開いてくれたこの扉。
わたしはボタンを押している。
「開く」のボタンを押している。
『ボタンを押せばドアが開閉します』と、書いている。
なのに、全く持って開く気配がない。

電車のドアのボタン

なんだか視線を感じて恥ずかしい。
お、降りられない。。(T_T)

このままでは行きすぎてしまう!焦る私。

「降ります!!!!」

思わず、運転手さんに向かって必死に叫ぶ。

電車の中

 

JR車内でこんな言葉を叫ぶ時がこようとは・・

「1番前にまわってください!そこ開かないんです!」

えーーーーーーーーーー!?
開かないーーー!?
ドア開かないとかあるの!?

慌ててダッシュで1番前へ。

「切符をここに入れてください」

運賃箱

「あ、無人駅から乗ったんで、切符ないんですけど・・」

「整理券は?」

「せいりけん??」

「今度から無人駅から乗るときは整理券とってくださいね。
今日はどこから乗ったか教えてくれたらいいんで。」

「あ、ハイ。。」

乗った駅名を伝え、切符の代金を支払い、なんとか無事に電車を降りた。

なんだろう、わたしはかなしい。。

しょんぼりした気分でホームをあとにした。

ちなみに整理券というのは

整理券

電車に乗った時、こうゆうのがあって、
ここから飛び出てる白い紙が整理券。
この整理券にどこから乗ったか記載されているのです。
それを引きぬいて、降りる際に車掌さんか
改札の駅員さんに渡して支払うという仕組み。

雪国の電車

雪国の電車、難しすぎる・・・。

ちなみに。
始発駅なら電車の扉はボタンを押せばどこでも開くし、
終着駅なら全部の扉を自動で開けてくれます。
そうでない駅から乗り降りの際は、
車両の1番前しか開かなかったりします(支払い等の関係で)
あと、乗ったら「閉」のボタンを押してしっかり閉めないと
他の乗客のみなさんに冬場は寒くて
嫌な顔をされる危険もあるので気を付けましょう。

  • 教訓:終着駅以外で降りるときは、1番前の車両からボタンを押して降りること
  • 教訓:無人駅から乗ったときは、整理券をとって降りる際もしくは改札で支払うこと
  • 教訓:冬場はドアを開けたら閉めること

ちゃけ

こちらの記事もどうぞ

電車に乗りたいのに!【田舎のワンマン電車】
地域リアルに暮らすこと&「住む」についてを考えてみる【YADOKARI】さんにご掲載いただきました。前編
田舎でセブンイレブンが最強な理由

湖畔の無人駅「簗場駅」近くのゲストハウス

長野市・松本市から大町市へ。簗場駅近くのゲストハウスカナメまでのアクセスのご紹介。
【駅から近いゲストハウス】徒歩5分?!歩いてみせましょう簗場駅からカナメまで。

最新記事

お仕事のご相談/ご依頼はこちらから

お問い合わせフォーム